HOME 国内

2023.05.07

男子400mHは筒江海斗が49秒54の自己新でV  グランプリ初優勝に「勝てたのはビックリ」/木南記念
男子400mHは筒江海斗が49秒54の自己新でV  グランプリ初優勝に「勝てたのはビックリ」/木南記念

23年木南記念男子400mHに優勝した筒江海斗

◇第10回木南記念(5月6、7日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

日本グランプリシリーズG1の木南記念の2日目に男子400mハードルが行われ、筒江海斗(スポーツテクノ和広)が49秒54で優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

3組タイムレースで行われた男子400mハードルだったが、2組を走った静岡国際6位(49秒77)の筒江が先行した豊田兼(慶大)を10台目で捉えて自己新をマーク。3組でトップフィニッシュを果たしたオレゴン世界選手権代表の黒川和樹(法大)を0.27秒差で抑えて、グランプリシリーズで初めて頂点に立った。

熊本西高から陸上をはじめ、3年時にインターハイに駒を進めるも予選敗退。福岡大に進み、4年時に日本インカレで8位という成績を残している。今季で社会人3年目。一昨年の日本選手権で6位に入り、昨年49秒65のベストをマークしているものの、これまで全国的には無名の存在だった。

昨年49秒65をマークしたことが自信になっていると話し、この冬季も順調にトレーニングを積んでいたものの、春先に足底やふくらはぎを痛め静岡国際が初戦となった。

「これまで課題となっていた13歩から14歩に切り替える6~7台目がうまくつながるようになった」と冬季で取り組んだ課題が好調の要因を口にする。

広告の下にコンテンツが続きます

木南記念でも「コンディションは悪かったですが、静岡でいい入りができたので48秒台が目標でした。それは達成できませんでしたがベストを出せたのはよかった」と笑顔。「このタイムで優勝できるとは思っていなかったので、勝てたのはビックリです」と話した。

今季最大の目標を48秒台突入と日本選手権の表彰台に置く。「今回、課題となった前半をさらに鍛え、日本選手権でしっかり結果を残せるよう頑張りたい」と目を輝かせる。なにわの地で得た自信を胸に、遅咲きのハードラーが、同舞台で行われる日本選手権で虎視眈々と大番狂わせを目論む。

文/花木 雫

◇第10回木南記念(5月6、7日/大阪・ヤンマースタジアム長居) 日本グランプリシリーズG1の木南記念の2日目に男子400mハードルが行われ、筒江海斗(スポーツテクノ和広)が49秒54で優勝を飾った。 3組タイムレースで行われた男子400mハードルだったが、2組を走った静岡国際6位(49秒77)の筒江が先行した豊田兼(慶大)を10台目で捉えて自己新をマーク。3組でトップフィニッシュを果たしたオレゴン世界選手権代表の黒川和樹(法大)を0.27秒差で抑えて、グランプリシリーズで初めて頂点に立った。 熊本西高から陸上をはじめ、3年時にインターハイに駒を進めるも予選敗退。福岡大に進み、4年時に日本インカレで8位という成績を残している。今季で社会人3年目。一昨年の日本選手権で6位に入り、昨年49秒65のベストをマークしているものの、これまで全国的には無名の存在だった。 昨年49秒65をマークしたことが自信になっていると話し、この冬季も順調にトレーニングを積んでいたものの、春先に足底やふくらはぎを痛め静岡国際が初戦となった。 「これまで課題となっていた13歩から14歩に切り替える6~7台目がうまくつながるようになった」と冬季で取り組んだ課題が好調の要因を口にする。 木南記念でも「コンディションは悪かったですが、静岡でいい入りができたので48秒台が目標でした。それは達成できませんでしたがベストを出せたのはよかった」と笑顔。「このタイムで優勝できるとは思っていなかったので、勝てたのはビックリです」と話した。 今季最大の目標を48秒台突入と日本選手権の表彰台に置く。「今回、課題となった前半をさらに鍛え、日本選手権でしっかり結果を残せるよう頑張りたい」と目を輝かせる。なにわの地で得た自信を胸に、遅咲きのハードラーが、同舞台で行われる日本選手権で虎視眈々と大番狂わせを目論む。 文/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top