HOME 駅伝

2023.03.26

大阪ガスの今﨑俊樹が現役引退 洛南高時代に世界ユース入賞、立命大でも活躍
大阪ガスの今﨑俊樹が現役引退 洛南高時代に世界ユース入賞、立命大でも活躍

23年ニューイヤー駅伝2区

大阪ガスは今﨑俊樹が2月末をもって退部、競技を引退して社業に専念すると発表している。

今﨑は1990年生まれの32歳。洛南高(京都)から立命大を経て2013年から大阪ガスへ。高校時代からスピード豊かな走りで活躍し、2年時には世界ユース選手権1500mで日本初入賞となる8位。3年目にもインターハイ入賞、日本ジュニア選手権優勝など実績を残した。

広告の下にコンテンツが続きます

立命大に進学してからも5000mやロードでも主力として活躍。2年時には日本選手権1500m3位となり秋には全日本大学駅伝2区区間14位と安定した走りを見せている。4年時には800mにも再挑戦し、日本選手権で800m8位・1500m7位と2種目入賞した。

入社して2年間は「駅伝メンバーに選ばれず早期引退も考えていた」が、「本気で現状を打破するためにどうするべきか」と試行錯誤し、3年目の関西実業団駅伝では2区区間賞とチームに貢献した。19年にはびわ湖毎日でマラソンにも挑戦(2時間17分53秒)。今年2月の大阪マラソンが引退レースとなった。

今﨑は同社HPを通じ、「陸上競技部時代に学ばせていただいた、何事も本気で取り組めば現状を打破できるということを今後の社業にも生かして頑張りたいと思います」とコメントしている。

大阪ガスは今年の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)で27位。今﨑は2区を務めていた。

広告の下にコンテンツが続きます

次ページ 今﨑俊樹の引退コメント全文「本気で現状を打破」

大阪ガスは今﨑俊樹が2月末をもって退部、競技を引退して社業に専念すると発表している。 今﨑は1990年生まれの32歳。洛南高(京都)から立命大を経て2013年から大阪ガスへ。高校時代からスピード豊かな走りで活躍し、2年時には世界ユース選手権1500mで日本初入賞となる8位。3年目にもインターハイ入賞、日本ジュニア選手権優勝など実績を残した。 立命大に進学してからも5000mやロードでも主力として活躍。2年時には日本選手権1500m3位となり秋には全日本大学駅伝2区区間14位と安定した走りを見せている。4年時には800mにも再挑戦し、日本選手権で800m8位・1500m7位と2種目入賞した。 入社して2年間は「駅伝メンバーに選ばれず早期引退も考えていた」が、「本気で現状を打破するためにどうするべきか」と試行錯誤し、3年目の関西実業団駅伝では2区区間賞とチームに貢献した。19年にはびわ湖毎日でマラソンにも挑戦(2時間17分53秒)。今年2月の大阪マラソンが引退レースとなった。 今﨑は同社HPを通じ、「陸上競技部時代に学ばせていただいた、何事も本気で取り組めば現状を打破できるということを今後の社業にも生かして頑張りたいと思います」とコメントしている。 大阪ガスは今年の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)で27位。今﨑は2区を務めていた。 次ページ 今﨑俊樹の引退コメント全文「本気で現状を打破」

今﨑俊樹の引退コメント全文

平素より陸上競技部へのご理解とご支援いただき大変ありがとうございます。この度、2023年2月に行われた大阪マラソンを最終戦とし10年間在籍した陸上競技部を退部いたしました。 思い返せば、入社から2年間は駅伝のメンバーとして選ばれることなく早期の引退も考えておりましたが、本気で現状を打破するためにはどうするべきか、という話を長距離コーチとしたのを今でも鮮明に覚えております。その甲斐もあり、3年目に初めて出場した関西実業団駅伝では2区区間賞を獲得する事ができました。 その後は、心強い後輩たちの加入もありニューイヤー駅伝出場が目標であったチームが、2年連続日本人チームのみではトップ(2020年15位、2021年12位)という素晴らしい結果をチームとして残せたのは良い思い出となりました。 陸上競技部時代に学ばせていただいた、何事も本気で取り組めば現状を打破できるという事を今後の社業にも生かして頑張りたいと思います。 今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。 10年間本当にありがとうございました。

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top