HOME 国内

2023.03.10

アンダーアーマーが秋本真吾氏とパートナーシップ契約「走り」で若きアスリートのパフォーマンス向上狙う
アンダーアーマーが秋本真吾氏とパートナーシップ契約「走り」で若きアスリートのパフォーマンス向上狙う

秋本真吾氏【アンダーアーマー提供】

秋本真吾氏のコメント

「アスリートを進化させる」

このアンダーアーマーのミッションと「走る」という領域に本気でチャレンジしていく姿勢に強く共感し、パートナーシップ契約を決めました。

スプリントコーチとして取り組んできた、走りを進化させていくアプローチがアスリートの最大の目的である勝利に繋がる新しいプロジェクトをアンダーアーマーと共にスタートできることをとても嬉しく思います。

「アンダーアーマー=走る」という新しいブランドイメージを創出できるよう全力を尽くします。

アンダーアーマーの日本総代理店である株式会社ドームは10日、200mハードルの元アジア記録(22秒80)保持者である秋本真吾氏とパートナーシップ契約を締結したことを発表した。 秋本氏は福島県立双葉高校卒業後、国武大を経て、国武大院を修了。100mでは10秒44のベストを持ち、現役引退後がスプリントコーチとしてプロ野球やJリーグなど、競技の垣根を越えてプロアスリートの走り方を指導してきた。 40歳の秋本氏は引退後もマスターズ陸上に出場しており、2018年には世界マスターズ陸上の400mハードルで7位入賞。19年のアジアマスターズ陸上では100mと4×100mリレーの2冠に輝いている。 アンダーアーマーは、ランニングのパフォーマンスアップを通じて、競技アスリートを目標達成へと導くプロジェクトを始動。あらゆるスポーツの基本である“走る”に着目し、国内の若きアスリートのパフォーマンス向上を目指すという。 秋本氏は「アンダーアーマーのミッションと『走る』という領域に本気でチャレンジしていく姿勢に強く共感し、パートナー契約を決めました。『アンダーアーマー=走る』という新しいブランドイメージを創出できるよう全力を尽くします」とコメントしている。 次ページ 秋本真吾氏のコメント

秋本真吾氏のコメント

「アスリートを進化させる」 このアンダーアーマーのミッションと「走る」という領域に本気でチャレンジしていく姿勢に強く共感し、パートナーシップ契約を決めました。 スプリントコーチとして取り組んできた、走りを進化させていくアプローチがアスリートの最大の目的である勝利に繋がる新しいプロジェクトをアンダーアーマーと共にスタートできることをとても嬉しく思います。 「アンダーアーマー=走る」という新しいブランドイメージを創出できるよう全力を尽くします。

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.19

200mVの鵜澤飛羽はフィニッシュ後に転倒し救急車で搬送/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子200mは鵜澤飛羽(筑波大)が20秒40(-0.3)で優勝した。 […]

NEWS 走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

2024.05.19

走幅跳・橋岡優輝は「次につながる」7m97で4位 パリ五輪標準突破済み/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子走幅跳は張溟鯤(中国)が8m13(+0.4)をマークして優勝した。 […]

NEWS 男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

2024.05.19

男子100m坂井隆一郎 ケイレンで最下位も大事には至らず「まだ身体がついてこなかった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子100mで昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)は、スタート […]

NEWS 北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

2024.05.19

北口榛花 またラストで逆転Vで昨年から10連勝!!「まだちょっと足りない」3年前涙に暮れた国立で貫禄/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

2024.05.19

女子100mH田中佑美は12秒90の2位「タイムが出たことは評価したい」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子100mハードルで田中佑美(富士通)が12秒90(-0.6)で2位 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top