HOME 国内

2023.02.15

田中希実が2度目の世界クロカンへ「泥臭くやりつつ、楽しみたい」2日前米国から帰国
田中希実が2度目の世界クロカンへ「泥臭くやりつつ、楽しみたい」2日前米国から帰国

田中希実(New Balance)

2月18日に豪州・バサーストで開催される世界クロスカントリー選手権の出場に向けて、日本代表選手団が出国。選手たちが会見に応じた。

女子1500m日本記録保持者で、東京五輪・オレゴン世界選手権代表の田中希実(豊田自動織機)にとっては2度目の世界クロカン代表となる。

2月4日に米国で室内1マイルを走って4分28秒94の室内日本新。さらに11日には3000mでも8分45秒64の室内日本新を樹立した。

12月中旬から「左脚付け根に違和感があって1ヵ月ほどジョグだけだった」と言う田中。米国に入ってから「違和感も取れた」。実戦は「自分の力の確認」だったが、「思った以上に走れました。気持ちの面ではプラスになりました」と振り返る。

米国から帰国したのは2日前。「昨日しかなかったので、クロカンに向けて少し練習しました」とハードスケジュールに苦笑いを浮かべる。

「走れない期間は今まで以上に身体と向き合ってきました。まだ気持ちの整理がついたとは言えませんが、その期間で成長できたと言えるようにしたい」と前を向いている。

2019年に出場した時は39位で「通用しなかった」。クロスカントリーは「泥臭く、ハングリーさ、速さより強さが必要」で、「自分の苦手とするところなので、そこに取り組むことでトラックにつながる」と位置づけを語る。

その上で、5000m、10000m、ハーフマラソンの世界記録保持者でオレゴン世界選手権10000m金メダルのL.ギデイ(エチオピア)らトップ選手がエントリーしている同大会では「海外の選手はクロカンを楽しんでいます。強い選手を最後まで追いかけて、相反するようですが、泥臭くやりつつ楽しむ気持ちを思い出したい」。

世界と戦うために、昨日の自分より強く、速くなるために、自分と向き合い続ける田中。2度目の世界クロカンでも、自分が強くなるための何かを得るつもりだ。

2月18日に豪州・バサーストで開催される世界クロスカントリー選手権の出場に向けて、日本代表選手団が出国。選手たちが会見に応じた。 女子1500m日本記録保持者で、東京五輪・オレゴン世界選手権代表の田中希実(豊田自動織機)にとっては2度目の世界クロカン代表となる。 2月4日に米国で室内1マイルを走って4分28秒94の室内日本新。さらに11日には3000mでも8分45秒64の室内日本新を樹立した。 12月中旬から「左脚付け根に違和感があって1ヵ月ほどジョグだけだった」と言う田中。米国に入ってから「違和感も取れた」。実戦は「自分の力の確認」だったが、「思った以上に走れました。気持ちの面ではプラスになりました」と振り返る。 米国から帰国したのは2日前。「昨日しかなかったので、クロカンに向けて少し練習しました」とハードスケジュールに苦笑いを浮かべる。 「走れない期間は今まで以上に身体と向き合ってきました。まだ気持ちの整理がついたとは言えませんが、その期間で成長できたと言えるようにしたい」と前を向いている。 2019年に出場した時は39位で「通用しなかった」。クロスカントリーは「泥臭く、ハングリーさ、速さより強さが必要」で、「自分の苦手とするところなので、そこに取り組むことでトラックにつながる」と位置づけを語る。 その上で、5000m、10000m、ハーフマラソンの世界記録保持者でオレゴン世界選手権10000m金メダルのL.ギデイ(エチオピア)らトップ選手がエントリーしている同大会では「海外の選手はクロカンを楽しんでいます。強い選手を最後まで追いかけて、相反するようですが、泥臭くやりつつ楽しむ気持ちを思い出したい」。 世界と戦うために、昨日の自分より強く、速くなるために、自分と向き合い続ける田中。2度目の世界クロカンでも、自分が強くなるための何かを得るつもりだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.17

観客を“より楽しませる”工夫がいっぱい!! 陸上界に携わる有志が欧州選手権を視察

6月7日から12日までの6日間、第26回ヨーロッパ陸上競技選手権がイタリアのローマで開催されたが、日本の陸上界に関わる有志が個人的な活動で集い、チームを作ってこの大会を視察。目の肥えた熱心なファンが多い“陸上の本場”で行 […]

NEWS 110mH古賀ジェレミーが13秒91!11年ぶり高2最高「自信持って楽しみました」全国で13秒8台へ/IH南関東

2024.06.17

110mH古賀ジェレミーが13秒91!11年ぶり高2最高「自信持って楽しみました」全国で13秒8台へ/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)4日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の4日目が行われ、男子110mハードルで古賀ジェレミー(東京2)が優勝した。村竹 […]

NEWS ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

2024.06.17

ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

東京2025世界陸上財団は6月178日、ぴあ株式会社とスポンサー契約を締結したことを発表した。これまで多くのイベントでチケットの販売や入場管理業務の実績を持つ同社は、2025年に開催される東京世界陸上をサポートしていくと […]

NEWS ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

2024.06.17

ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。 ケジャルチャは東京 […]

NEWS ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

2024.06.17

ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。 19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top