HOME 駅伝

2023.02.15

小森コーポレーションが新体制を発表 加藤剛氏が監督就任 前拓大監督の山下拓郎氏がコーチ、岡田正裕氏は顧問に
小森コーポレーションが新体制を発表 加藤剛氏が監督就任 前拓大監督の山下拓郎氏がコーチ、岡田正裕氏は顧問に

小森コーポレーションは昨年11月の東日本実業団駅伝で13位となり、ニューイヤー出場を逃していた

2月15日、小森コーポレーションは16日付で監督代行を務めていた加藤剛氏が監督に就任することを発表した。総監督の岡田正裕氏は顧問に就任し、3月1日付で前拓大監督の山下拓郎氏がコーチとして入社することも発表された。

加藤氏は茨城県出身の44歳。水戸工高から亜細亜大に進み、大学卒業後は小森コーポレーションで活躍した。2009年に現役引退してからは社業に専念していたが、昨年4月にヘッドコーチとして陸上部に復帰。9月からは監督代行としてチームを指揮していた。加藤氏はホームページで「陸上部中期活動計画の達成を目指し、チーム作りを実施して参りますので、応援のほど宜しくお願い申し上げます」とコメントしている。

小森コーポレーションは1950年創部。昨年の東日本実業団駅伝では13位となり、全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の出場を逃した。一方で、今年2月の別府大分毎日マラソンでは市山翼が日本人トップの3位と健闘。チーム再建に向けて、新体制でニューイヤー駅伝出場を目指していく。

次は 加藤新監督と山下コーチ、岡田顧問の就任コメント

2月15日、小森コーポレーションは16日付で監督代行を務めていた加藤剛氏が監督に就任することを発表した。総監督の岡田正裕氏は顧問に就任し、3月1日付で前拓大監督の山下拓郎氏がコーチとして入社することも発表された。 加藤氏は茨城県出身の44歳。水戸工高から亜細亜大に進み、大学卒業後は小森コーポレーションで活躍した。2009年に現役引退してからは社業に専念していたが、昨年4月にヘッドコーチとして陸上部に復帰。9月からは監督代行としてチームを指揮していた。加藤氏はホームページで「陸上部中期活動計画の達成を目指し、チーム作りを実施して参りますので、応援のほど宜しくお願い申し上げます」とコメントしている。 小森コーポレーションは1950年創部。昨年の東日本実業団駅伝では13位となり、全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の出場を逃した。一方で、今年2月の別府大分毎日マラソンでは市山翼が日本人トップの3位と健闘。チーム再建に向けて、新体制でニューイヤー駅伝出場を目指していく。

次は 加藤新監督と山下コーチ、岡田顧問の就任コメント

加藤剛新監督の就任コメント

「この度、わたくし加藤剛は2月16日より、陸上競技部の監督に就任します。 監督として現場の秩序と規律の改革を念頭に置き更なる強化を徹底し活動してまいります。陸上部中期活動計画の達成を目指し、チーム作りを実施して参りますので、応援のほど宜しくお願い申し上げます」

山下拓郎新コーチの就任コメント

「この度、わたくし山下拓郎は3月1日より小森コーポレーション陸上競技部のコーチに就任致します。 より一層強いチーム作りに貢献できるよう選手に寄り添った指導を心がけ、また選手の声に耳を傾け、選手の視点に立ったきめ細かな指導をしていきたいと思います。周りから愛され応援されるチーム作り、いつも応援してくださる皆様方に感動を与えられるチーム作りを目指して活動していきますのでご声援のほどよろしくお願いいたします」

岡田正裕顧問の就任コメント

「この度、わたくし岡田正裕は2月16日をもって小森コーポレーション陸上競技部の顧問という立場でチームの強化に携わる事となりました。 陸上部中期計画を達成するべく強いチーム作りに貢献していきたいと思いますので宜しくお願いいたします」

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の選考競技 […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top