HOME 国内、大学

2023.02.05

横田俊吾が2度目のマラソンで学生初の2時間7分台「やってきたことに間違いはなかった」/別大マラソン
横田俊吾が2度目のマラソンで学生初の2時間7分台「やってきたことに間違いはなかった」/別大マラソン

23年別府大分毎日マラソンで日本人2番手の4位に入りMGC出場権を獲得した横田俊吾(青学大)

◇第71回別府大分毎日マラソン(2月5日/大分・うみたまごスタート、ジェイリーススタジアムフィニッシュ)

横田俊吾(青学大)が2度目のマラソンで快挙を成し遂げた。前回大会でマークした自己記録2時間12分41秒を一気に5分近く短縮する2時間7分47秒。藤原正和(中大/現・中大駅伝監督)が2003年に打ち立てた従来の学生記録(2時間8分12秒/2003年)を20年ぶりに更新して、日本人2番手の4位と健闘した。

広告の下にコンテンツが続きます

1年前に初マラソンを経験した大会。「余裕を持って進むことができました」と振り返る。スタートから1km3分ペースで先頭集団が展開するなか、しっかりとその中に入っていた。

今大会に向けた練習では「32.195km走」が最高だったという。それでも、横田は終盤まで粘った。日本人トップ争いからは35km過ぎで脱落したが、40km手前あたりで再び息を吹き返す。

日本人トップ3位の市山翼(小森コーポレーション)には届かなかったものの、2時間7分台を持つ木村慎(Honda)と聞谷賢人(トヨタ紡織)を競技場に入るあたりでかわした。

「箱根駅伝の結果(総合3位)が良くなかったので、後輩に『やってやったぞ』と見せることができました」と胸を張った。

広告の下にコンテンツが続きます

新潟・山王中(現・村松桜中)出身。中3では3000mで全中2位やジュニア五輪優勝などの実績を持つ。高校は新潟を離れて福島・学法石川高へ。3年時のインターハイ3000m障害で7位に入り、全国高校駅伝ではチームの3位入賞に貢献した。

同じ新潟出身の岸本大紀らとともに青学大に進学。3年生まで学生三大駅伝に出走したのは、21年の出雲駅伝だけだったが、その後は着実に力を蓄えてきて、4年生では三大駅伝にすべて出場。最後の挑戦となった今年の箱根は3区に出走した。そして、マラソンでは学生記録保持者となり、10月15日のパリ五輪代表選考レース・マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)出場権を獲得した。

「今年やってきたことに間違いはなかったです」と横田。春からJR東日本で競技を続けるが、実業団ランナーになる前に自信を深めるレースだった。

◇第71回別府大分毎日マラソン(2月5日/大分・うみたまごスタート、ジェイリーススタジアムフィニッシュ) 横田俊吾(青学大)が2度目のマラソンで快挙を成し遂げた。前回大会でマークした自己記録2時間12分41秒を一気に5分近く短縮する2時間7分47秒。藤原正和(中大/現・中大駅伝監督)が2003年に打ち立てた従来の学生記録(2時間8分12秒/2003年)を20年ぶりに更新して、日本人2番手の4位と健闘した。 1年前に初マラソンを経験した大会。「余裕を持って進むことができました」と振り返る。スタートから1km3分ペースで先頭集団が展開するなか、しっかりとその中に入っていた。 今大会に向けた練習では「32.195km走」が最高だったという。それでも、横田は終盤まで粘った。日本人トップ争いからは35km過ぎで脱落したが、40km手前あたりで再び息を吹き返す。 日本人トップ3位の市山翼(小森コーポレーション)には届かなかったものの、2時間7分台を持つ木村慎(Honda)と聞谷賢人(トヨタ紡織)を競技場に入るあたりでかわした。 「箱根駅伝の結果(総合3位)が良くなかったので、後輩に『やってやったぞ』と見せることができました」と胸を張った。 新潟・山王中(現・村松桜中)出身。中3では3000mで全中2位やジュニア五輪優勝などの実績を持つ。高校は新潟を離れて福島・学法石川高へ。3年時のインターハイ3000m障害で7位に入り、全国高校駅伝ではチームの3位入賞に貢献した。 同じ新潟出身の岸本大紀らとともに青学大に進学。3年生まで学生三大駅伝に出走したのは、21年の出雲駅伝だけだったが、その後は着実に力を蓄えてきて、4年生では三大駅伝にすべて出場。最後の挑戦となった今年の箱根は3区に出走した。そして、マラソンでは学生記録保持者となり、10月15日のパリ五輪代表選考レース・マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)出場権を獲得した。 「今年やってきたことに間違いはなかったです」と横田。春からJR東日本で競技を続けるが、実業団ランナーになる前に自信を深めるレースだった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top