HOME 国内

2023.01.29

安藤友香が日本人トップの3位!19km以降は海外勢に1人で挑む/大阪国際女子マラソン
安藤友香が日本人トップの3位!19km以降は海外勢に1人で挑む/大阪国際女子マラソン

23年大阪国際女子マラソンで日本人トップとなった安藤友香

◇第42回大阪国際女子マラソン(1月29日/大阪・ヤンマーフィールド長居発着)

JMCシリーズG1でブダペスト世界選手権代表選考会となる第42回大阪国際女子マラソンが行われた。

東京五輪10000m代表の安藤友香(ワコール)が2時間22分58秒(速報値)で日本人トップの3位に入った。

安藤は最初の給水を取り損ねたが、その後も冷静にトップ集団でレースを進める。5kmを16分39秒で通過。19km付近で上杉真穂(スターツ)が遅れ、海外勢にただ1人食らいついた。ハーフは1時間9分45秒で通過する。

30kmから一気にH.デッセ、M.シセイのエチオピアが勢がペースアップし、1kmを3分05秒まで上げた。それに安藤はつけなかったが、その後も淡々とペースを刻んで前を追いかけた。

レースはデッセが2時間21分13秒(速報値)で優勝。シセイが2位に続いた。

安藤はすでにパリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC/10月15日)の出場権を持つ。

安藤は1994年生まれ28歳。岐阜県出身。豊川高を卒業後は複数の所属を経て2019年からワコールへ。これまでのベストは初マラソンだった2017年名古屋ウィメンズでの2時間21分36秒。

◇第42回大阪国際女子マラソン(1月29日/大阪・ヤンマーフィールド長居発着) JMCシリーズG1でブダペスト世界選手権代表選考会となる第42回大阪国際女子マラソンが行われた。 東京五輪10000m代表の安藤友香(ワコール)が2時間22分58秒(速報値)で日本人トップの3位に入った。 安藤は最初の給水を取り損ねたが、その後も冷静にトップ集団でレースを進める。5kmを16分39秒で通過。19km付近で上杉真穂(スターツ)が遅れ、海外勢にただ1人食らいついた。ハーフは1時間9分45秒で通過する。 30kmから一気にH.デッセ、M.シセイのエチオピアが勢がペースアップし、1kmを3分05秒まで上げた。それに安藤はつけなかったが、その後も淡々とペースを刻んで前を追いかけた。 レースはデッセが2時間21分13秒(速報値)で優勝。シセイが2位に続いた。 安藤はすでにパリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC/10月15日)の出場権を持つ。 安藤は1994年生まれ28歳。岐阜県出身。豊川高を卒業後は複数の所属を経て2019年からワコールへ。これまでのベストは初マラソンだった2017年名古屋ウィメンズでの2時間21分36秒。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

100mH関東インカレVの髙橋亜珠が“2冠”男子も筑波大・樋口隼人が制す/日本学生個人

◇日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)1日目 “学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権の1日目が行われ、女子100mハードルは髙橋亜珠(筑波大)が13秒35(+0.3)をマーク […]

NEWS パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

2024.06.14

パリ五輪出場資格獲得条件の世界ランキングが更新 欧州選手権の結果を受け、1万m葛西潤、100mH寺田明日香らが圏外に

今夏のパリ五輪出場資格の獲得条件となる世界陸連(WA)のワールドランキング(Road to Paris)が更新された。6月7日~12日に行われた欧州選手権の結果が反映され、各種目で日本人が順位を落としている。 パリ五輪の […]

NEWS 久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

2024.06.14

久保凛1500mで自己新V!4分19秒11で「近畿をしっかりと勝ち切れて良かった」/IH近畿

◇インターハイ近畿地区大会(6月13~16日/大阪市・ヤンマースタジアム長居、ヤンマーフィールド長居)2日目 福岡インターハイを懸けた近畿地区大会の2日目が行われ、女子1500mは上位3人が4分20秒を切るハイレベルのな […]

NEWS U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、第40回U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top