HOME 駅伝、箱根駅伝

2023.01.07

駅伝愛が満載!西村菜那子イベントに館澤亨次、竹石尚人、たむじょー参戦 箱根駅伝ドラフト会議であの選手は…?
駅伝愛が満載!西村菜那子イベントに館澤亨次、竹石尚人、たむじょー参戦 箱根駅伝ドラフト会議であの選手は…?

「#西村駅伝」に参加した西村菜那子さん、竹石尚人さん、館澤亨次、たむじょーさん(2023年1月)

元NGT48メンバーで、駅伝好きと知られる西村菜那子さんが「とにかく駅伝について楽しく語り尽く」をコンセプトに企画したイベント「#西村駅伝」の“4区”(4回目)が1月7日、都内で行われた。ゲストとして男子中距離の館澤亨次(DeNA)と、青学大OBの竹石尚人さん、YouTuberのたむじょーさんが参加。4人とも1997年度の「同期」で、西村さんのファンはもちろん、駅伝ファンも観覧に訪れた。

まずは12月30日にライブ配信された第99回箱根駅伝の順位予想の『答え合わせ』からスタート。たむじょーさんだけが「優勝・駒大」を的中させたが、10位までの順位予想では竹石さんが最も近い結果となった。その後は今年の箱根駅伝で印象に残ったトピックスを西村さんが厳選。テーマに沿ってトークが繰り広げられた。

休憩を挟んだ後半戦では、恒例となった「箱根駅伝ドラフト会議」で盛り上がる。4人が監督に扮して「見てみたい」オーダーを作成。1区から順番に指名していき、指名が重複した場合はジャンケンで決定する。対象は第99回でチームエントリーされた選手で、1区から壮絶な「争奪戦」も。なんと西村さんとたむじょーさんが、最強留学生のイェゴン・ヴィンセント(東京国際大)を指名! ジャンケンの結果、たむじょーさんが“出走権”を獲得した。

これで「完全にプランが崩れた」と西村さん。対抗として駒大のエース・田澤廉を1区で獲得した。一方、館澤選手は1区に吉居大和(中大)を指名。館澤は「1校1人縛りです」と告白する。3区では館澤と竹石さんが丹所健(東京国際大)と奪い合いに。ジャンケンの末、こちらは竹石さんが獲得した。竹石さんは1区・石原翔太郎(東海大)、2区・篠原倖太朗(駒大)、3区・丹所と次々指名。実はこちらも「1校1人縛り」だったことが判明。駅伝ファンがうなるオーダーに、西村さんから「オタク」ぶりを指摘されていた。

ジャンケンで選手を争奪する竹石さんと館澤


1度選ばれた選手は選択できないとあって、区間ごとに頭を悩ませる4人。「山区間」経験者の館澤選手と竹石さんは、5・6区は「走り方がきれい」など、マニアックな評価で選んでいた。選手争奪や玄人好みのオーダーに、会場からは拍手が起こる。最後は、4人が予想した箱根駅伝順位パネルにサインを入れて抽選でプレゼント。2時間半に及んだ「駅伝愛」が詰まったイベントが幕を閉じた。

次のゲストに、たむじょーさんから「大八木(弘明)監督や、ヴィンセント選手は?」と話題に上り、会場から大きな拍手も。「じゃあルカ(・ムセンビ)選手に通訳してもらいます」と西村さんも返していた。

参加した館澤は「最初は緊張しましたが、すごく楽しかったです。みなさんのリアクションが良くてうれしかったです。これを機に自分のことも知ってもらいたい」と語る。竹石さんは「駅伝を見るのが本当に好きで、フォームだったり、コアな部分を語れる機会がいただけて良かった」と言い、“監督”として玄人好みの人選に、「あまり注目されなかった中で力のある選手もたくさんいるので、知ってもらえれば」と狙いを明かした。

4人が選んだ「箱根駅伝オーダー」


たむじょーさんは「97年の同世代でイベントができてうれしかったです。次の箱根駅伝100回大会も97年世代で盛り上げていきたい」と意気込む。西村さんは「ドラフト会議ではみなさんの駅伝のことが好きというのが伝わってファンとしてうれしかった」と笑顔を見せる。「駅伝ファンや、駅伝ファン以外の方など、いろいろな方が楽しんでもらえる企画にしていきたいです」と西村さん。次も駅伝ファン必見のイベントとなりそうだ。

元NGT48メンバーで、駅伝好きと知られる西村菜那子さんが「とにかく駅伝について楽しく語り尽く」をコンセプトに企画したイベント「#西村駅伝」の“4区”(4回目)が1月7日、都内で行われた。ゲストとして男子中距離の館澤亨次(DeNA)と、青学大OBの竹石尚人さん、YouTuberのたむじょーさんが参加。4人とも1997年度の「同期」で、西村さんのファンはもちろん、駅伝ファンも観覧に訪れた。 まずは12月30日にライブ配信された第99回箱根駅伝の順位予想の『答え合わせ』からスタート。たむじょーさんだけが「優勝・駒大」を的中させたが、10位までの順位予想では竹石さんが最も近い結果となった。その後は今年の箱根駅伝で印象に残ったトピックスを西村さんが厳選。テーマに沿ってトークが繰り広げられた。 休憩を挟んだ後半戦では、恒例となった「箱根駅伝ドラフト会議」で盛り上がる。4人が監督に扮して「見てみたい」オーダーを作成。1区から順番に指名していき、指名が重複した場合はジャンケンで決定する。対象は第99回でチームエントリーされた選手で、1区から壮絶な「争奪戦」も。なんと西村さんとたむじょーさんが、最強留学生のイェゴン・ヴィンセント(東京国際大)を指名! ジャンケンの結果、たむじょーさんが“出走権”を獲得した。 これで「完全にプランが崩れた」と西村さん。対抗として駒大のエース・田澤廉を1区で獲得した。一方、館澤選手は1区に吉居大和(中大)を指名。館澤は「1校1人縛りです」と告白する。3区では館澤と竹石さんが丹所健(東京国際大)と奪い合いに。ジャンケンの末、こちらは竹石さんが獲得した。竹石さんは1区・石原翔太郎(東海大)、2区・篠原倖太朗(駒大)、3区・丹所と次々指名。実はこちらも「1校1人縛り」だったことが判明。駅伝ファンがうなるオーダーに、西村さんから「オタク」ぶりを指摘されていた。 [caption id="attachment_90728" align="alignnone" width="800"] ジャンケンで選手を争奪する竹石さんと館澤[/caption] 1度選ばれた選手は選択できないとあって、区間ごとに頭を悩ませる4人。「山区間」経験者の館澤選手と竹石さんは、5・6区は「走り方がきれい」など、マニアックな評価で選んでいた。選手争奪や玄人好みのオーダーに、会場からは拍手が起こる。最後は、4人が予想した箱根駅伝順位パネルにサインを入れて抽選でプレゼント。2時間半に及んだ「駅伝愛」が詰まったイベントが幕を閉じた。 次のゲストに、たむじょーさんから「大八木(弘明)監督や、ヴィンセント選手は?」と話題に上り、会場から大きな拍手も。「じゃあルカ(・ムセンビ)選手に通訳してもらいます」と西村さんも返していた。 参加した館澤は「最初は緊張しましたが、すごく楽しかったです。みなさんのリアクションが良くてうれしかったです。これを機に自分のことも知ってもらいたい」と語る。竹石さんは「駅伝を見るのが本当に好きで、フォームだったり、コアな部分を語れる機会がいただけて良かった」と言い、“監督”として玄人好みの人選に、「あまり注目されなかった中で力のある選手もたくさんいるので、知ってもらえれば」と狙いを明かした。 [caption id="attachment_90729" align="alignnone" width="800"] 4人が選んだ「箱根駅伝オーダー」[/caption] たむじょーさんは「97年の同世代でイベントができてうれしかったです。次の箱根駅伝100回大会も97年世代で盛り上げていきたい」と意気込む。西村さんは「ドラフト会議ではみなさんの駅伝のことが好きというのが伝わってファンとしてうれしかった」と笑顔を見せる。「駅伝ファンや、駅伝ファン以外の方など、いろいろな方が楽しんでもらえる企画にしていきたいです」と西村さん。次も駅伝ファン必見のイベントとなりそうだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top