HOME 高校

2022.12.26

佐久長聖・吉岡大翔、最後の都大路で歴史刻む3区日本人最高をマーク「陸上人生の一つのステップアップ」/全国高校駅伝・男子

タスキを受けて走り出す佐久長聖の吉岡大翔

◇全国高校駅伝・男子(12月25日/京都・たけびしスタジアム京都発着7区間42.195km)

全国高校駅伝の男子(第73回)が行われ、5000mで13分22秒99の高校記録を持つ佐久長聖(長野)の吉岡大翔(3年)が最後の都大路に登場した。

1区へのリベンジという思いもありつつ、吉岡はエースが集う1区ではなく3区へ。留学生と真っ向から対峙することを選んだ。

高見澤勝監督は「速いけど余裕のあるペースで入ろうと伝えていた」と言うように1km2分34秒で入るも「彼にとっては無理なペースではなかった」(高見澤監督)。22分50秒くらいを目標にしていたという。

1kmでトップに立つも、4km手前で倉敷(岡山)のサムエル・キバティ(2年)にかわされた。その後は「一気に抜かれるのはわかっていたので、じわじわ追いついていこうと思いました」と、差を広げまいと粘る。「ラップがビックリするくらい落ちて焦りましたが、粘れば追いつける」とあきらめなかった。

区間新で走ったキバティから区間記録で21秒差の区間2位。それ以外の留学生には負けなかった。昨年、佐藤圭汰(洛南、現・駒大)が作った日本人最高となる23分10秒を大きく上回って歴史を動かしたが、「佐藤さんの記録ではなく、留学生に歯が立たなかったことが悔しい。1、2区といい位置でつないでくれたのでトップでつなぐだけだと思っていました。力の差を感じます」と唇を噛む。

バスから降りた時には大きな拍手が送られ涙ながらに挨拶。そして仲間と合流して「申し訳ない」と涙ぐみ。ただ、すぐにテントの片付けに加わる姿勢もまた、吉岡の強さを物語る。

最後の都大路は涙。それでも陸上人生はまだまだ続く。卒業後は順大に進む。高見澤監督は「将来は世界で戦える選手になってほしいからこそ、留学生と競り合いを経験するために3区を任せましたし、インターハイではなくU20世界選手権へ行きました。世界のレベルを見据えていってほしい」と将来へ期待を寄せる。

「高校としては集大成ですが、陸上人生においては一つの駅伝大会で、一つのステップアップの大会。留学生との差を感じられたので、今度どれだけ詰めていけるかがテーマ」

この悔しさは、吉岡が世界へと飛翔するための大きな財産になる。

[caption id="attachment_89657" align="alignnone" width="2286"] タスキを受けて走り出す佐久長聖の吉岡大翔[/caption] ◇全国高校駅伝・男子(12月25日/京都・たけびしスタジアム京都発着7区間42.195km) 全国高校駅伝の男子(第73回)が行われ、5000mで13分22秒99の高校記録を持つ佐久長聖(長野)の吉岡大翔(3年)が最後の都大路に登場した。 1区へのリベンジという思いもありつつ、吉岡はエースが集う1区ではなく3区へ。留学生と真っ向から対峙することを選んだ。 高見澤勝監督は「速いけど余裕のあるペースで入ろうと伝えていた」と言うように1km2分34秒で入るも「彼にとっては無理なペースではなかった」(高見澤監督)。22分50秒くらいを目標にしていたという。 1kmでトップに立つも、4km手前で倉敷(岡山)のサムエル・キバティ(2年)にかわされた。その後は「一気に抜かれるのはわかっていたので、じわじわ追いついていこうと思いました」と、差を広げまいと粘る。「ラップがビックリするくらい落ちて焦りましたが、粘れば追いつける」とあきらめなかった。 区間新で走ったキバティから区間記録で21秒差の区間2位。それ以外の留学生には負けなかった。昨年、佐藤圭汰(洛南、現・駒大)が作った日本人最高となる23分10秒を大きく上回って歴史を動かしたが、「佐藤さんの記録ではなく、留学生に歯が立たなかったことが悔しい。1、2区といい位置でつないでくれたのでトップでつなぐだけだと思っていました。力の差を感じます」と唇を噛む。 バスから降りた時には大きな拍手が送られ涙ながらに挨拶。そして仲間と合流して「申し訳ない」と涙ぐみ。ただ、すぐにテントの片付けに加わる姿勢もまた、吉岡の強さを物語る。 最後の都大路は涙。それでも陸上人生はまだまだ続く。卒業後は順大に進む。高見澤監督は「将来は世界で戦える選手になってほしいからこそ、留学生と競り合いを経験するために3区を任せましたし、インターハイではなくU20世界選手権へ行きました。世界のレベルを見据えていってほしい」と将来へ期待を寄せる。 「高校としては集大成ですが、陸上人生においては一つの駅伝大会で、一つのステップアップの大会。留学生との差を感じられたので、今度どれだけ詰めていけるかがテーマ」 この悔しさは、吉岡が世界へと飛翔するための大きな財産になる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top