HOME 駅伝

2022.12.11

男子は皇學館大がトップを一度も譲らずV6 女子・名城大が全区間区間賞で16連覇/東海学生駅伝
男子は皇學館大がトップを一度も譲らずV6 女子・名城大が全区間区間賞で16連覇/東海学生駅伝

第84回東海学生駅伝・第16回東海学生女子駅伝が12月11日に行われ、男子は皇學館大が3時間17分02秒で、女子は名城大が1時間29分21でそれぞれ優勝した。

男子は愛知県知多郡武豊町の武豊緑地から半田運動公園陸上競技場までの7区間63.5kmのコースで、オープン参加を含めて22チームが出場。皇學館大は1区の柴田龍一(4年)がトップでタスキをつないで流れをつかむと、4区の宮本康希、6区の花井秀輔(ともに4年)も区間賞を獲得した。

トップを一度も譲ることなかった皇學館大は6連覇を達成。皇學館大は今年の出雲駅伝15位、全日本大学駅伝は21位だった。

2位は名古屋大、3位は愛工大。名古屋大は最終7区で森川陽之(M1年)が1つ順位を上げた。

女子は、武豊緑地から魚ひろばまでの5区間26.6kmのコースで、オープン参加を含めて11チームが出場。名城大は4区の荒井優奈、5区の小林成美(ともに4年)といった主力も入ったオーダーで、全区間・区間賞と圧倒的な強さを見せ、第1回からの連勝を16に伸ばした。

以下、中京学院大、日本福祉大と続いている。

次ページ 東海学生駅伝の上位成績

第84回東海学生駅伝・第16回東海学生女子駅伝が12月11日に行われ、男子は皇學館大が3時間17分02秒で、女子は名城大が1時間29分21でそれぞれ優勝した。 男子は愛知県知多郡武豊町の武豊緑地から半田運動公園陸上競技場までの7区間63.5kmのコースで、オープン参加を含めて22チームが出場。皇學館大は1区の柴田龍一(4年)がトップでタスキをつないで流れをつかむと、4区の宮本康希、6区の花井秀輔(ともに4年)も区間賞を獲得した。 トップを一度も譲ることなかった皇學館大は6連覇を達成。皇學館大は今年の出雲駅伝15位、全日本大学駅伝は21位だった。 2位は名古屋大、3位は愛工大。名古屋大は最終7区で森川陽之(M1年)が1つ順位を上げた。 女子は、武豊緑地から魚ひろばまでの5区間26.6kmのコースで、オープン参加を含めて11チームが出場。名城大は4区の荒井優奈、5区の小林成美(ともに4年)といった主力も入ったオーダーで、全区間・区間賞と圧倒的な強さを見せ、第1回からの連勝を16に伸ばした。 以下、中京学院大、日本福祉大と続いている。 次ページ 東海学生駅伝の上位成績
■第84回東海学生駅伝対校選手権大会成績(OP以外) 1位 皇學館大 3時間17分02秒 2位 名古屋大 3時間18分22秒 3位 愛知工業大 3時間18分33秒 4位 岐阜協立大 3時間21分49秒 5位 中京大 3時間23分30秒 6位 三重大 3時間28分31秒 7位 愛知教育大 3時間30分21秒 8位 中部大 3時間30分51秒 ■第16回東海学生女子駅伝対校選手権大会(OP以外) 1位 名城大 1時間29分21秒 2位 中京学院大 1時間32分47秒 3位 日本福祉大 1時間36分54秒 4位 中京大 1時間38分58秒 5位 静岡大 1時間39分30秒 6位 東海学園大 1時間45分54秒 7位 至学館大 1時間46分41秒 8位 愛知教育大 1時間50分06秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

國學院大・高山豪起が全体トップの28分25秒72! 2年の辻原輝が28分27秒93で続く/関東学生網走夏季記録挑戦競技会

関東学生網走夏季記録挑戦競技会は7月14日、網走市営陸上競技場で行われ、男子10000mは高山豪起(國學院大3)が28分25秒72で全体トップとなった。 高山はハイペースでレースを進め、残り2周で留学生を追い抜いて3組1 […]

NEWS 【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

2024.07.14

【女子ハンマー投】工藤実幸乃(筑豊高3)56m36=高校歴代6位

第78回国スポ選考会・第9回福岡県高校学年別選手権の2日目が行われ、女子ハンマー投で工藤実幸乃(筑豊3)が56m36の高校歴代6位のの好記録をマークした。 工藤は6月のU20日本選手権は54m87で2位。今季のランキング […]

NEWS 400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top