HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.12.10

【箱根駅伝エントリー】早大はエース井川龍人、主将の鈴木創士らが順当にメンバー入り即戦力ルーキー山口智規と間瀬田純平も登録
【箱根駅伝エントリー】早大はエース井川龍人、主将の鈴木創士らが順当にメンバー入り即戦力ルーキー山口智規と間瀬田純平も登録

復活を期す早大。エース井川龍人が浮沈のカギを握りそうだ

第99回箱根駅伝(2023年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。

前回13位に終わり予選会からの再出発となった早大は、エースの井川龍人(4年)や今季好調の佐藤航希(3年)、石塚陽士と伊藤大志の2年生コンビといった主力選手が順当に16人に登録された。

箱根予選会後に調子を落とし、全日本大学駅伝を回避した主将の鈴木創士(4年)、全日本では本調子ではなかった小指卓也(4年)と菖蒲敦司(3年)も、無事にエントリーされた。

ルーキーでは、春先から即戦力として奮闘している山口智規と間瀬田純平ら4人が登録。山口は、予選会はアクシデントがあって不振だったが、本大会では主要区間への抜擢もあるだろう。

また、中間層の底上げが大きな課題だった早大。安田博登(4年)、栁本匡哉(3年)が外れた一方、11月の上尾シティハーフで1時間2分台をマークした伊福陽太(2年)や、関東インカレや箱根予選会で堅実に走った菅野雄太(2年)といった着実に成長した選手名を連ねた。

16人の顔ぶれを見ると能力の高い選手が揃っており、彼らが持っている力を発揮できればシード権は十分に届く。さらに上位争いも可能だろう。少数精鋭のチームゆえに、いかに万全な状態で本番を迎えられるかがカギとなる。

12月29日に区間エントリー10人と補員6人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。

●早大のエントリー選手は次ページ

第99回箱根駅伝(2023年1月2日、3日)のチームエントリー16名が12月10日に発表された。 前回13位に終わり予選会からの再出発となった早大は、エースの井川龍人(4年)や今季好調の佐藤航希(3年)、石塚陽士と伊藤大志の2年生コンビといった主力選手が順当に16人に登録された。 箱根予選会後に調子を落とし、全日本大学駅伝を回避した主将の鈴木創士(4年)、全日本では本調子ではなかった小指卓也(4年)と菖蒲敦司(3年)も、無事にエントリーされた。 ルーキーでは、春先から即戦力として奮闘している山口智規と間瀬田純平ら4人が登録。山口は、予選会はアクシデントがあって不振だったが、本大会では主要区間への抜擢もあるだろう。 また、中間層の底上げが大きな課題だった早大。安田博登(4年)、栁本匡哉(3年)が外れた一方、11月の上尾シティハーフで1時間2分台をマークした伊福陽太(2年)や、関東インカレや箱根予選会で堅実に走った菅野雄太(2年)といった着実に成長した選手名を連ねた。 16人の顔ぶれを見ると能力の高い選手が揃っており、彼らが持っている力を発揮できればシード権は十分に届く。さらに上位争いも可能だろう。少数精鋭のチームゆえに、いかに万全な状態で本番を迎えられるかがカギとなる。 12月29日に区間エントリー10人と補員6人が発表。1月2日の往路、3日の復路スタートの1時間10分前(6時50分)にメンバー変更が認められる。往路、復路合わせて当日変更は6人までで、1日最大4人まで変更できる。 ●早大のエントリー選手は次ページ
■早大のエントリー選手16名(カッコ内は学年、出身校) ◎前回13位、予選会4位、出雲不出場、全日本6位 井川 龍人(4年/九州学院高・熊本) 小指 卓也(4年/学法石川高・福島) 鈴木 創士(4年/浜松日体高・静岡)主将 北村  光(3年/樹徳高・群馬) 佐藤 航希(3年/宮崎日大高・宮崎) 菖蒲 敦司(3年/西京高・山口) 辻  文哉(3年/早稲田実高・東京) 石塚 陽士(2年/早稲田実高・東京) 伊藤 大志(2年/佐久長聖高・長野) 伊福 陽太(2年/洛南高・京都) 菅野 雄太(2年/西武文理高・埼玉) 諸冨  湧(2年/洛南高・京都) 須山 向陽(1年/鹿児島城西高・鹿児島) 間瀬田純平(1年/鳥栖工高・佐賀) 宮岡 凜太(1年/鎌倉学園高・神奈川) 山口 智規(1年/学法石川高・福島)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の選考競技 […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top