HOME 海外

2022.12.06

世界陸連アスリートオブザイヤーはデュプランティスとマクローリンが受賞!ともにオレゴン世界陸上で驚異的世界新
世界陸連アスリートオブザイヤーはデュプランティスとマクローリンが受賞!ともにオレゴン世界陸上で驚異的世界新

2022年世界陸連(WA)アスリートオブザイヤーを受賞したデュプランティス(左)とマクローリン

世界陸連の年間表彰式「ワールド・アスレティックス・アワード2022」が12月5日(現地時間)に行われ、年間最優秀選手に贈られる「アスリート・オブ・ザ・イヤー」は、男子は棒高跳のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)、女子は400mハードルのシドニー・マクローリン(米国)が選ばれた。ともに、4年前には新人賞にあたる「ライジンング・スター・アワード」を受賞しており、今度はそろって世界のMVPに輝いた。

デュプランティスは今年2月の室内で自身の記録を1㎝更新する6m19の世界新を打ち立てると、3月の世界室内選手権では史上初めて6m20の大台に成功した。

さらに、7月のオレゴン世界選手権では6m21をクリア。昨年の東京五輪に続く金メダルに輝くなど、ダイヤモンドリーグを含むシーズンを通して圧倒的な存在感を示した。

「今季は室内・屋外の世界選手権、欧州選手権、ダイヤモンドリーグで優勝という目標があったし、世界記録を何回か破りたいと思っていました。それをすべて達成できたので、言うことはありません。両方の世界選手権で世界新を出したことは、ボーナスみたいなものです」

23歳にして世界の頂点を極めたデュプランティスは、こう喜びのコメントを残した。

マクローリンは6月の全米選手権で自身の世界記録を0.05秒更新する51秒46をマーク。そして、地元世界選手権では世界で初めて50秒台に突入する50秒68という驚異的な記録を打ち立てた。最終種目の4×400mリレーでもアンカーとして47秒台のラップを刻み、初の地元開催の大会を締めくくるVフィニッシュを果たした。

マクローリンは「今年の私の目標はすべて達成されました。これ以上のことはありませんでした。ホームの観衆の前でそのパフォーマンスを生み出すことができたことにとても感謝しています」と語った。

同賞は10月に男女各10名のノミネートが発表。その後、男女各5名に絞られ、SNSなどのファン投票を含めて選考された。

世界陸連の年間表彰式「ワールド・アスレティックス・アワード2022」が12月5日(現地時間)に行われ、年間最優秀選手に贈られる「アスリート・オブ・ザ・イヤー」は、男子は棒高跳のアルマンド・デュプランティス(スウェーデン)、女子は400mハードルのシドニー・マクローリン(米国)が選ばれた。ともに、4年前には新人賞にあたる「ライジンング・スター・アワード」を受賞しており、今度はそろって世界のMVPに輝いた。 デュプランティスは今年2月の室内で自身の記録を1㎝更新する6m19の世界新を打ち立てると、3月の世界室内選手権では史上初めて6m20の大台に成功した。 さらに、7月のオレゴン世界選手権では6m21をクリア。昨年の東京五輪に続く金メダルに輝くなど、ダイヤモンドリーグを含むシーズンを通して圧倒的な存在感を示した。 「今季は室内・屋外の世界選手権、欧州選手権、ダイヤモンドリーグで優勝という目標があったし、世界記録を何回か破りたいと思っていました。それをすべて達成できたので、言うことはありません。両方の世界選手権で世界新を出したことは、ボーナスみたいなものです」 23歳にして世界の頂点を極めたデュプランティスは、こう喜びのコメントを残した。 マクローリンは6月の全米選手権で自身の世界記録を0.05秒更新する51秒46をマーク。そして、地元世界選手権では世界で初めて50秒台に突入する50秒68という驚異的な記録を打ち立てた。最終種目の4×400mリレーでもアンカーとして47秒台のラップを刻み、初の地元開催の大会を締めくくるVフィニッシュを果たした。 マクローリンは「今年の私の目標はすべて達成されました。これ以上のことはありませんでした。ホームの観衆の前でそのパフォーマンスを生み出すことができたことにとても感謝しています」と語った。 同賞は10月に男女各10名のノミネートが発表。その後、男女各5名に絞られ、SNSなどのファン投票を含めて選考された。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top