HOME 国内

2022.10.01

短距離・ウォルシュがブダペスト世界陸上の決勝進出へ意気込み!「パフォーマンスレッドでテンション上がる!」
短距離・ウォルシュがブダペスト世界陸上の決勝進出へ意気込み!「パフォーマンスレッドでテンション上がる!」

10月1日の「みんなでつなごうリレーフェスティバル」の初日、オレゴン世界陸上男子4×400mリレー4位メンバーのウォルシュ・ジュリアン(富士通)が、サポートを受けるアシックスのサイン会を実施。その後に、今季の振り返りと、来季への意気込みを語った。

今季最大のターゲットだったオレゴン世界陸上で、個人では400mで準決勝に進出。4×400mリレーでは3走を務め、ラップ43秒91の激走で日本初の3分切り(2分59秒91)での4位に貢献した。

すでに今シーズンの試合を終えたウォルシュは、「今年は一番充実した1年でした」と振り返る。

日本選手権では予選で敗退するなど、「個人ではまだ1年を通して自分の走りの殻を破れず、ベストパフォーマンスを出せなかった」と言う。

冬季は充実したトレーニングを積み、「練習でも300mや350mでベストが出ていたし、200mでもいいタイムが出せていた。絶対にいけるはずなのに、それが試合に出せなかったんです」。

その殻を破ったのが、オレゴン世界陸上の4×400mリレー予選。前を走るジャマイカの選手を追走する中で、「走りを合わせていたらリズムがいいなと感じたんです。最後まで全然疲れなかった」。

そして決勝も、同じ感覚で走ることができた。6位で受けたバトンを4位に押し上げたその走りは、圧巻だった。

「あの時はゾーンに入って、記憶がないとういわけじゃない。ちゃんと自分の感覚を覚えています。あんなに飛ばして、切り替えても、なんで疲れなかったんだろう、と。『出るじゃん、自分』って思いました」

この時のラップタイムで考えれば、1991年から残る400mの日本記録「44秒78」の更新は十分に可能な水準。殻を破った走りを、来季も再現すること。そうすれば、目指してきた世界のファイナルがいよいよ見えてくる。

そのウォルシュの武器となるのが、アシックスの最新短距離用スプリントシューズ「メタスプリント」だ。

「特徴は何よりも軽さ。それから、地面に着いた時の鋭い反発力は、パワーを使って走る自分にすごくマッチしています。これ以外は考えられないですね。ピンレスは、接地の長い僕の走りにとってはすごく効率が良いと感じています。接地が長くて悩んでいる人、持ち味を生かし切れていない人は、1度履いてみるといい走りができる可能性もあります」

来年のブダペストに向けては、モチベーションをより引き上げるニューカラー「パフォーマンスレッド」が登場。今回、初めて目にしたウォルシュは「履くたびにテンションが上がりそうなカラーリングなのでいいですね!」

新たな武器を携えて挑む、来年のブダペスト世界陸上イヤーに向けて、ウォルシュは自信をのぞかせる。

「個人ではファイナルの舞台が見えたという自信があります。ギリギリではなく、当たり前のような力をつけて、決勝でしっかりと勝負したい。その過程、通過点で日本記録を更新できるように。マイルリレーでは、僕が結果を出すことで1人ひとりの自信につながると思います。そのままの気持ちで挑めれば、いける。もう1度日本記録を出して、かつてはお家芸だったマイルの復活を果たして、メダルを取りたいです」

ケガに泣いた東京五輪イヤーから、しっかりと立て直した日本ロングスプリントのエース。ブダペスト世界陸上では、「パフォーマンスレッド」のシューズを駆って、世界を驚かせるつもりだ。

10月1日の「みんなでつなごうリレーフェスティバル」の初日、オレゴン世界陸上男子4×400mリレー4位メンバーのウォルシュ・ジュリアン(富士通)が、サポートを受けるアシックスのサイン会を実施。その後に、今季の振り返りと、来季への意気込みを語った。 今季最大のターゲットだったオレゴン世界陸上で、個人では400mで準決勝に進出。4×400mリレーでは3走を務め、ラップ43秒91の激走で日本初の3分切り(2分59秒91)での4位に貢献した。 すでに今シーズンの試合を終えたウォルシュは、「今年は一番充実した1年でした」と振り返る。 日本選手権では予選で敗退するなど、「個人ではまだ1年を通して自分の走りの殻を破れず、ベストパフォーマンスを出せなかった」と言う。 冬季は充実したトレーニングを積み、「練習でも300mや350mでベストが出ていたし、200mでもいいタイムが出せていた。絶対にいけるはずなのに、それが試合に出せなかったんです」。 その殻を破ったのが、オレゴン世界陸上の4×400mリレー予選。前を走るジャマイカの選手を追走する中で、「走りを合わせていたらリズムがいいなと感じたんです。最後まで全然疲れなかった」。 そして決勝も、同じ感覚で走ることができた。6位で受けたバトンを4位に押し上げたその走りは、圧巻だった。 「あの時はゾーンに入って、記憶がないとういわけじゃない。ちゃんと自分の感覚を覚えています。あんなに飛ばして、切り替えても、なんで疲れなかったんだろう、と。『出るじゃん、自分』って思いました」 この時のラップタイムで考えれば、1991年から残る400mの日本記録「44秒78」の更新は十分に可能な水準。殻を破った走りを、来季も再現すること。そうすれば、目指してきた世界のファイナルがいよいよ見えてくる。 そのウォルシュの武器となるのが、アシックスの最新短距離用スプリントシューズ「メタスプリント」だ。 「特徴は何よりも軽さ。それから、地面に着いた時の鋭い反発力は、パワーを使って走る自分にすごくマッチしています。これ以外は考えられないですね。ピンレスは、接地の長い僕の走りにとってはすごく効率が良いと感じています。接地が長くて悩んでいる人、持ち味を生かし切れていない人は、1度履いてみるといい走りができる可能性もあります」 来年のブダペストに向けては、モチベーションをより引き上げるニューカラー「パフォーマンスレッド」が登場。今回、初めて目にしたウォルシュは「履くたびにテンションが上がりそうなカラーリングなのでいいですね!」 新たな武器を携えて挑む、来年のブダペスト世界陸上イヤーに向けて、ウォルシュは自信をのぞかせる。 「個人ではファイナルの舞台が見えたという自信があります。ギリギリではなく、当たり前のような力をつけて、決勝でしっかりと勝負したい。その過程、通過点で日本記録を更新できるように。マイルリレーでは、僕が結果を出すことで1人ひとりの自信につながると思います。そのままの気持ちで挑めれば、いける。もう1度日本記録を出して、かつてはお家芸だったマイルの復活を果たして、メダルを取りたいです」 ケガに泣いた東京五輪イヤーから、しっかりと立て直した日本ロングスプリントのエース。ブダペスト世界陸上では、「パフォーマンスレッド」のシューズを駆って、世界を驚かせるつもりだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

ユニクロが公式サイトビジュアルをリニューアル!パリ五輪選考の日本選手権へ「今年は、私たちがやってやる!」

ユニクロ女子陸上競技部は6月24日、同部公式サイトのトップページビジュアルをリニューアルした。 2024年度に新メンバーが加わり、「今年は、私たちがやってやる!」という燃え上がる選手たちの闘志をイメージ。その下にはチーム […]

NEWS 東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top