月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

アリソン・フェリックスがIOCアスリート委員に選任 陸上界からはイシンバイェワ氏に続き2人目


国際オリンピック委員会(IOC)は27日、IOCのアスリート委員に女子400mなどで活躍したアリソン・フェリックス(米国)が新たに就任したと発表した。

IOCアスリート委員は五輪の競技運営に選手の意見や要望の声を反映させる役割を担い、最大8年の任期を務める。

先週の世界選手権で現役を引退したフェリックスは、五輪に5大会連続で出場し、7個の金を含む11個のメダルを獲得。2028年のロサンゼルス五輪の組織委員会のアスリート委員会としても活動している。

現在、女子棒高跳のエレナ・イシンバイェワ氏(ロシア)が2024年までの任期でアスリート委員を務めており、陸上界からは2人目の選出となった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com