月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

100mH福部真子が初出場で準決勝進出!「いつも通り楽しく走れた」/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)9日目

オレゴン世界陸上9日目のモーニングセッションに行われた女子100mハードル予選。5組に入った福部真子(日本建設工業)が12秒96(+0.5)で4着となり、タイムで拾われるプラスの1番目で準決勝進出を決めた。

準決勝進出を目指して「12秒9~8が必要」だと臨んだ福部。スタートから抜群の加速を見せたが、「終盤に抜き脚をハードルにぶつけてバランスを崩した」。そんな中で6月にマークした12秒93の自己記録に迫るタイム。それでも「12秒8台に入れた感じがあるので悔しい」と振り返る。

大きな国際大会は10年前、広島皆実高時代に出場した世界ジュニア選手権以来。「緊張はしなくて懐かしい気持ちでした」と堂々としたもの。その時とは違うトップ・オブ・トップと競り合って収穫と課題を感じたという。

誇りであり、重圧でもあった「インターハイ3連覇」の肩書きは、今年日本選手権優勝、12秒台突入に続き、「世界陸上セミファイナリスト」に塗り変わった。「12秒8、あわよくば12秒7台に入れば万々歳かな」と、笑顔で準決勝に向かう。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com