月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

400m予選ウォルシュ・ジュリアンは45秒90で4着 着順通過ならず準決勝進出は結果待ち/世界陸上


◇オレゴン世界陸上(7月15日~24日/米国・オレゴン州ユージン)3日目

オレゴン世界陸上3日目のモーニングセッションに行われた男子400m予選。1組2レーンに入ったウォルシュ・ジュリアン(富士通)は45秒90で4着だった。

2レーンに入ったウォルシュ。スタートからリードした世界記録(43秒03)保持者のウェイデ・ファン・ニーケアク(南アフリカ)についていった。300m付近では2番手争い。終盤は順位を落としたが4着でフィニッシュした。

今季は6月の日本選手権で予選落ちしたものの、翌週に行われたスペイン・マドリードの競技会で、自己記録に0.14秒差の45秒27をマークしている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com