月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

代表決定のディーン元気と兒玉芽生が会見 10年ぶり世界大会のディーン「うれしさとワクワクを感じています」/世界陸上


オレゴン世界選手権代表発表を受け、ミズノに所属する男子やり投のディーン元気と女子4×100mリレーの兒玉芽生がオンラインで会見を行い、それぞれ意気込みを語った。

世界選手権は初めて、シニアの世界大会も2012年のロンドン五輪以来10年ぶりとなるディーンは「代表に選ばれたうれしさとワクワクを感じています。世界選手権本番までの過程を楽しみたい」と話し、「10年間は長かったけど、世界に届きそうだった年もあり、毎年毎年悔しい思いをして、気づいたら10年が経っていたという感じです」と久々の日本代表に感慨深く喜びを表現した。

大学3年生でロンドン五輪に出場したが、その後は脇腹のケガなどに長く苦しんだ。それでも、近年はやり投で数々のスターを輩出したフィンランドに練習拠点を構えると、徐々に調子を取り戻し、20年には84m05を投げ、再び世界のトップを目指すレベルに近づいていた。

先月の日本選手権を10年ぶりに制した直後にフィンランドに戻り、18日に行われた世界陸連コンチネンタルツアーのクオルターネ・ゲームスでは世界の強豪を相手に82m03で5位入賞。気温13度という条件ながら、6投すべてで80mスローを見せ、自信を深めている。

今後は、フィンランド国内の競技会に出場したあと渡米する予定。「10年前よりもアベレージは上がっています。予選を少ない本数で通過して、疲労のマネージメントを意識しながら決勝に臨みたい。記録は意識せず、自分の技術に集中すれば、来年の世界選手権の参加標準記録や自己ベスト、日本記録もついてくる」と話した。

一方、昨年の東京五輪に続いて4×100mリレーでの出場となる兒玉は「(五輪では)私のところでバトンパスが詰まってしまって満足できない結果だったので、今回はしっかりと結果を残したい」とコメント。昨年に比べてリレー合宿の回数は減っているが、「バトンパスの精度を去年よりも高めたいです」と雪辱に燃えている。

女子4×100mリレーチームは来週の南部記念に出場を予定。「(走順は)何走でも走れるように準備をしています。世界選手権では予選ですべてが決まると思う。簡単なことではないですが、日本記録(43秒39)の更新と決勝進出を目指してがんばります」と力強く語った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com