月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

三浦龍司が初ダイヤモンドリーグ!3000mで日本歴代4位の7分47秒98

ダイヤモンドリーグ(DL)ストックホルム大会の男子3000mに、3000m障害日本記録保持者の三浦龍司(順大)が出場した。

これがDL初出場の三浦は、序盤は積極的な走りで4番手でレースを進める。1000m以降は徐々にペースアップして順位を下げるが上位争いの列の後方で食らいつく。1000mから2000mまでは2分23秒で、5分02秒でトップが通過。上位争いからは離れたが、7分47秒98の自己新、日本歴代4位のタイムで10位でフィニッシュした。

これまでの3000mのベストは7分48秒07。三浦は3000m障害で8分09秒92の日本記録を持ち、昨年の東京五輪では7位入賞。オレゴン世界選手権の代表に内定している。

※一部記事を修正しました。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com