HOME ニュース、海外

2022.06.27

男子400mH・ベンジャミン 今季世界最高の47秒04! 女子200mはスタイナーが21秒77の自己新V/全米選手権
男子400mH・ベンジャミン 今季世界最高の47秒04! 女子200mはスタイナーが21秒77の自己新V/全米選手権


6月26日、オレゴン世界選手権の選考会を兼ねた全米選手権の最終目がオレゴン州・ヘイワードフィールドで行われ、男子400mハードルでは東京五輪銀メダルのR.ベンジャミンが今季世界最高の47秒04で優勝した。

べンジャミンは昨年の東京五輪で世界歴代2位の46秒17をマーク。今季はDL(ダイヤモンドリーグ)ドーハでA.ドス・サントス(ブラジル)に敗れ、リストトップもドス・サントスが占めていたが、今回それを上回る記録で2年連続での全米制覇を果たした。世界選手権では4×400mリレーでのメンバー入りも希望している。

女子200mはA.スタイナーが21秒77(-0.3)の自己新で勝利。同日にジャマイカのS.ジャクソンがこの記録を上回ったが、それまで一時今季の世界リストトップに立った。同800mは東京五輪金メダルのA.ムーが1分57秒16でV。同砲丸投はC.イーリーが20m51の今季世界最高の自己新で、大会記録を樹立して優勝を飾っている。

男子200mはN.ライルズが19秒67(−0.3)で19年ドーハ世界選手権で金メダルを獲得した同年以来の全米選手権制覇。同5000mではG.フィッシャーが13分03秒86の大会新で優勝した。

今大会では男子100mのC.コールマン、同110mハードルのG.ホロウェイ、女子100mハードルのN.アリが決勝を棄権したが、各選手は19年ドーハ世界選手権での優勝によりワイルドカードで今夏の世界選手権への出場権を獲得している。

6月26日、オレゴン世界選手権の選考会を兼ねた全米選手権の最終目がオレゴン州・ヘイワードフィールドで行われ、男子400mハードルでは東京五輪銀メダルのR.ベンジャミンが今季世界最高の47秒04で優勝した。 べンジャミンは昨年の東京五輪で世界歴代2位の46秒17をマーク。今季はDL(ダイヤモンドリーグ)ドーハでA.ドス・サントス(ブラジル)に敗れ、リストトップもドス・サントスが占めていたが、今回それを上回る記録で2年連続での全米制覇を果たした。世界選手権では4×400mリレーでのメンバー入りも希望している。 女子200mはA.スタイナーが21秒77(-0.3)の自己新で勝利。同日にジャマイカのS.ジャクソンがこの記録を上回ったが、それまで一時今季の世界リストトップに立った。同800mは東京五輪金メダルのA.ムーが1分57秒16でV。同砲丸投はC.イーリーが20m51の今季世界最高の自己新で、大会記録を樹立して優勝を飾っている。 男子200mはN.ライルズが19秒67(−0.3)で19年ドーハ世界選手権で金メダルを獲得した同年以来の全米選手権制覇。同5000mではG.フィッシャーが13分03秒86の大会新で優勝した。 今大会では男子100mのC.コールマン、同110mハードルのG.ホロウェイ、女子100mハードルのN.アリが決勝を棄権したが、各選手は19年ドーハ世界選手権での優勝によりワイルドカードで今夏の世界選手権への出場権を獲得している。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top