月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子400mH・ベンジャミン 今季世界最高の47秒04! 女子200mはスタイナーが21秒77の自己新V/全米選手権


6月26日、オレゴン世界選手権の選考会を兼ねた全米選手権の最終目がオレゴン州・ヘイワードフィールドで行われ、男子400mハードルでは東京五輪銀メダルのR.ベンジャミンが今季世界最高の47秒04で優勝した。

べンジャミンは昨年の東京五輪で世界歴代2位の46秒17をマーク。今季はDL(ダイヤモンドリーグ)ドーハでA.ドス・サントス(ブラジル)に敗れ、リストトップもドス・サントスが占めていたが、今回それを上回る記録で2年連続での全米制覇を果たした。世界選手権では4×400mリレーでのメンバー入りも希望している。

女子200mはA.スタイナーが21秒77(-0.3)の自己新で勝利。同日にジャマイカのS.ジャクソンがこの記録を上回ったが、それまで一時今季の世界リストトップに立った。同800mは東京五輪金メダルのA.ムーが1分57秒16でV。同砲丸投はC.イーリーが20m51の今季世界最高の自己新で、大会記録を樹立して優勝を飾っている。

男子200mはN.ライルズが19秒67(−0.3)で19年ドーハ世界選手権で金メダルを獲得した同年以来の全米選手権制覇。同5000mではG.フィッシャーが13分03秒86の大会新で優勝した。

今大会では男子100mのC.コールマン、同110mハードルのG.ホロウェイ、女子100mハードルのN.アリが決勝を棄権したが、各選手は19年ドーハ世界選手権での優勝によりワイルドカードで今夏の世界選手権への出場権を獲得している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com