月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪代表・萩谷楓が2回目の1万mも31分台 世界陸上標準クリアならず/ホクレンDC

◇ホクレン・ディスタンスチャレンジ2022:20周年記念大会(6月22日・北海道深川市)

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2022の「20周年記念大会」が行われ、女子10000mに東京五輪5000m代表の萩谷楓(エディオン)が出場した。

萩谷は海外選手ペースメーカーにつき、5000mを15分43秒付近で通過する。後半はややペースダウンし、31分58秒16をマーク。だが、オレゴン世界選手権の参加標準記録(31分25秒00)には届かなかった。

「標準突破だけを目指していたので整えていただいた環境を生かせず悔しいです」と振り返った萩谷。今年5月の日本選手権10000mで初めての10000mを走り、31分35秒67で2位に入っていたため、参加標準記録を突破すれば即時内定だった。

東京五輪に出場した5000mでは参加標準記録(15分10秒00)を突破する14分59秒36を持っているものの、6月の日本選手権では4位となり即時内定は得られていない。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com