月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

14年ぶり参戦の東洋大が堂々の2位通過!「存在感を示すことができた」/全日本大学駅伝関東選考会

◇全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会(6/19 相模原市)

関東インカレの1部長距離種目(1500m以上)で33点を奪った東洋大。久しぶりの全日本選考会は戸惑いながらも前評判通りの〝強さ〟を見せつけた。

1組は関東インカレハーフ2位の梅崎蓮(2年)が3着(29分49秒77)に入るも、同5位の木本大地(4年)は腹痛に苦しみ、23着(30分35秒74)と苦しいスタートになった 。しかし、2組は熊崎貴哉(3年)が29分29秒31で日本人トップ(2着)、九嶋恵舜(3年)も3着(29分41秒49)と続き、すぐに巻き返す。

3組は児玉悠輔(4年)が6着(29分50秒46)、及川瑠音(4年)が28着(30分16秒78)。ケニア人留学生9人が出場した最終4組は松山和希(3年)が5着(28分52秒36) 、緒方澪那斗(1年)も20着(29分18秒39)でフィニッシュ。神奈川大に19秒及ばなかったものの、合計タイム3時間57分54秒30で2位通過を果たした。

「トップ通過を掲げながらの2位ということで、取りこぼしもあったと思います。全体的に関東インカレの疲労が結構ありました。もうちょっと行けるかなという選手が複数 いて、ピーキングの難しさを痛感しましたね」と酒井俊幸監督。

関東インカレで入賞した主将・前田義弘(4年)と佐藤真優(3年)は連戦の疲労を考慮して外したが、木本、及川、児玉も関東インカレのときほどシャープな走りを見せる ことができなかった。

それでも1年時の関東インカレ5000m以来となる〝レギュラー〟をつかんだ熊崎が好走。最終組ではエース松山が日本人トップを奪うとルーキー緒方も大役をしっかりと務 めた。

「本戦とは全然違いますね。いい緊張感と嫌な緊張感がありました」と酒井監督は苦笑いしたが、東洋大の選手たちはレースを積極的に引っ張るシーンが多かった。

「流れを作ってもらうんじゃなくて、自分たちでレースを作り、存在感を示しながら通過できたかなと思います。自信をつけただけでなく、少し悔しさが残ったのが良かった かもしれないですね」(酒井監督)

昨年は伊勢路の連続シードが途切れた東洋大だが、14年ぶりとなった選考会から新たな歴史が始まる──。

文/酒井政人

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com