月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

棒高跳・村田蒼空 4m14の高校新!「自分の記録越えたい」全国連覇目指す/IH北関東


◇インターハイ北関東大会(6月17日~20日/栃木県宇都宮市)

8月に行われるインターハイ出場を懸けた北関東大会の2日目。女子棒高跳は村田蒼空(前橋女3群馬)が4m14の高校新記録を樹立して優勝を果たし、2位に柳川美空(前橋育英2群馬)、3位に今井葉月(樹徳2群馬)が入って群馬勢がトップ3を独占した。

3m90までを1回でクリアした村田と、3m90をパスして4m00に挑戦した柳川との優勝争いに。村田が3回目で成功し、柳川が惜しくも失敗でこの時点で村田の優勝が決まった。

そこからは「高さが全然違いました」と高校記録(4m13)を越える4m14にバーを上げる。1回目には「身体が右に曲がって」しまい惜しくも失敗。それでも「空中で身体をまっすぐにすれば跳べる」と確信した。そして続く2回目は「助走からいけるな」と手応えをつかみ、「踏み切りもきれいに入れた」と見事クリアして空中でガッツポーズを決めた。その後は4m21へ挑戦したが失敗。「気が緩んでしまい、高さを意識してしまいました」と語った。

1週間前の日本選手権で8位入賞したが、以降は「1度も跳ばず、少し走るくらいでバネを貯めていた」という。今大会での高校記録更新は「狙っていました」と村田。「素直にうれしいです。たくさんの人に応援をしてもらって、支えてくれている方々に恩返しができました」と笑顔で話した。

インターハイでは「まずは連覇」を目指し、「自分の記録を越えたいです」とさらなる記録更新を視野に入れている。さらに「群馬でワンツースリーを狙っています」と柳川、今井とともに全国のトップで熱い戦いを繰り広げるつもりだ。

その他では、男子100mで富樫竜輝(武南3埼玉)が10秒53(−0.2)で優勝。同400mハードルは栁田聖人(東農大二3群馬)が52秒48で制した。女子100mは地元・栃木の五月女光(作新学院3)が12秒18(+1.0)でV。4×100mリレーは男子が41秒09で東農大二、女子が46秒92で大宮東がそれぞれ制した。

地区大会は全11地区で開催。各種目上位6名(競歩、女子棒高跳、三段跳、ハンマー投は上位4位、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)が全国大会に出場。インターハイは8月3日から7日まで徳島県で開催される。

◇北関東大会2日目の優勝者一覧
男子
100m 富樫竜輝(武南3埼玉)10秒53(−0.2)
5000m 小山翔也(埼玉栄3埼玉)14分20秒60
400mハードル 栁田聖人(東農大二3群馬)52秒48
4×100mリレー 東農大二(群馬)41秒09
棒高跳 原口顕次朗(前橋育英2群馬)4m90
砲丸投 益井晴輝(西武台3埼玉)15m60
八種競技 羽鳥凌生(前橋南3群馬)5352点

女子
100m 五月女光(作新学院3栃木)12秒18(+1.0)
1500m 高木なるみ(新島学園3群馬)4分27秒00
400mハードル 阿部友(松山女3埼玉)1分02秒39
4×100mリレー 大宮東(埼玉)46秒92
棒高跳 村田蒼空(前橋女3群馬)4m14=大会新、高校新
円盤投 草野晴(伊奈学園総合3埼玉)39m67

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com