HOME ニュース、国内

2022.06.13

走幅跳・渡邉希が大幅自己新の7m85で快勝 大会記録を7年ぶりに2cm更新/U20日本選手権
走幅跳・渡邉希が大幅自己新の7m85で快勝 大会記録を7年ぶりに2cm更新/U20日本選手権


◇第38回U20日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居) 4日目

U20日本選手権の男子走幅跳は、5回目に大会前の自己記録を一気に38cm更新する7m85(+1.5)をマークした渡邉希(筑波大)が、男子フィールド種目では今大会唯一となる大会新記録で全国初タイトルを手にした。

広告の下にコンテンツが続きます

「正直、ハマったなというのが一番の感想です。7m50で3位が目標で、まさか優勝できるとは思っていなかったので、まぐれじゃないかと驚いています」と、本人もびっくりの大ジャンプだった。

宮城・仙台西高出身の渡邉。昨年までのベストは県インターハイでマークした7m43。東北チャンピオンとして臨んだインターハイは決勝に進んだものの10位と入賞と逃していた。この春から筑波大に進学。「冬季から取り組んできたスピード強化と反り跳びから挟み跳びに切り替えた技術がようやくかみ合ってきました」と笑顔で勝因を口にする。

5月初めの記録会で7m47の自己新をマーク。続く関東インカレでは7m26の10位に終わったものの、「そこから最後の走り込む部分でしっかりリズムアップできるようマークを置いて練習を積んできました。5回目は、これまでにない流れ(スピード)で踏切に入れました」と、7m50~70台を一気に飛び越えU20歴代でも13位タイとなる位置まで自己記録を引き上げた。

昨秋のU18日本選手権で8位に入っているが、今回が全国初優勝。「タイトルの名に負けないよう今後も技術を磨いていきたい。まだこれが実力とは思っていません。安定して(7m)60~70台を跳べるようにして、秋の全カレで上位に食い込めるようがんばりたいです」と目標を話す。

広告の下にコンテンツが続きます

今回の優勝でU20世界選手権の代表候補にも名前が挙がることになるが、「大舞台で結果を残せたことは今後の自信になります。U20世界選手権のことは、全然考えていなかったので……。もし選ばれれば、代表に恥じない結果が残せるようにしたいです」と戸惑いつつも、大阪の地でつかんだ自信をステップにさらなる飛躍を誓った。

6回目に追い風参考ながら7m66(+2.1)を跳んだ常泉光佑(中大)が逆転で2位、三段跳に続く2冠を目指した昨年のインターハイ王者の北川凱(東海大)は7m55(+0.4)で3位だった。

◇第38回U20日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居) 4日目 U20日本選手権の男子走幅跳は、5回目に大会前の自己記録を一気に38cm更新する7m85(+1.5)をマークした渡邉希(筑波大)が、男子フィールド種目では今大会唯一となる大会新記録で全国初タイトルを手にした。 「正直、ハマったなというのが一番の感想です。7m50で3位が目標で、まさか優勝できるとは思っていなかったので、まぐれじゃないかと驚いています」と、本人もびっくりの大ジャンプだった。 宮城・仙台西高出身の渡邉。昨年までのベストは県インターハイでマークした7m43。東北チャンピオンとして臨んだインターハイは決勝に進んだものの10位と入賞と逃していた。この春から筑波大に進学。「冬季から取り組んできたスピード強化と反り跳びから挟み跳びに切り替えた技術がようやくかみ合ってきました」と笑顔で勝因を口にする。 5月初めの記録会で7m47の自己新をマーク。続く関東インカレでは7m26の10位に終わったものの、「そこから最後の走り込む部分でしっかりリズムアップできるようマークを置いて練習を積んできました。5回目は、これまでにない流れ(スピード)で踏切に入れました」と、7m50~70台を一気に飛び越えU20歴代でも13位タイとなる位置まで自己記録を引き上げた。 昨秋のU18日本選手権で8位に入っているが、今回が全国初優勝。「タイトルの名に負けないよう今後も技術を磨いていきたい。まだこれが実力とは思っていません。安定して(7m)60~70台を跳べるようにして、秋の全カレで上位に食い込めるようがんばりたいです」と目標を話す。 今回の優勝でU20世界選手権の代表候補にも名前が挙がることになるが、「大舞台で結果を残せたことは今後の自信になります。U20世界選手権のことは、全然考えていなかったので……。もし選ばれれば、代表に恥じない結果が残せるようにしたいです」と戸惑いつつも、大阪の地でつかんだ自信をステップにさらなる飛躍を誓った。 6回目に追い風参考ながら7m66(+2.1)を跳んだ常泉光佑(中大)が逆転で2位、三段跳に続く2冠を目指した昨年のインターハイ王者の北川凱(東海大)は7m55(+0.4)で3位だった。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top