月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

兒玉芽生が200m23秒34で連覇!予選の不調「不安」から女王の意地見せる/日本選手権


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の最終日に行われた女子200mは、兒玉芽生(ミズノ)が23秒34(+2.6)で2年連続3回目の頂点に立った。

これが女子短距離界を牽引するスプリンターの底力なのだろうか。昨年100m、200mを2冠していた兒玉。だが、今大会では「勝たなきゃいけない」というプレッシャー、そして春からの不調もあり、100mでも2位に敗れ、200m予選でも24秒11でプラス2番目で拾われて決勝に進んだように、「自分の走り」ができていなかった。

予選を終え「正直不安で、昨日(予選)の夜はへこみましたが、日本選手権最後のレースでやるしかないと切り替えました」と兒玉。最内の2レーンに入ったが、「前半から加速に乗れた」と、一気にスピードを上げてトップへ。100mで敗れている君嶋愛梨沙(土木管理総合)を抑えて優勝を飾った。

これで出場権を持つ4×100mリレーでの世界選手権リレーメンバー入りも濃厚。昨年の東京五輪予選では日本歴代2位の43秒44をマークしたものの、「何もできなかった」兒玉。世界大会の借りは、世界大会でしっかり返す。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com