HOME ニュース、国内

2022.06.13

兒玉芽生が200m23秒34で連覇!予選の不調「不安」から女王の意地見せる/日本選手権
兒玉芽生が200m23秒34で連覇!予選の不調「不安」から女王の意地見せる/日本選手権

兒玉芽生


◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の最終日に行われた女子200mは、兒玉芽生(ミズノ)が23秒34(+2.6)で2年連続3回目の頂点に立った。

広告の下にコンテンツが続きます

これが女子短距離界を牽引するスプリンターの底力なのだろうか。昨年100m、200mを2冠していた兒玉。だが、今大会では「勝たなきゃいけない」というプレッシャー、そして春からの不調もあり、100mでも2位に敗れ、200m予選でも24秒11でプラス2番目で拾われて決勝に進んだように、「自分の走り」ができていなかった。

予選を終え「正直不安で、昨日(予選)の夜はへこみましたが、日本選手権最後のレースでやるしかないと切り替えました」と兒玉。最内の2レーンに入ったが、「前半から加速に乗れた」と、一気にスピードを上げてトップへ。100mで敗れている君嶋愛梨沙(土木管理総合)を抑えて優勝を飾った。

これで出場権を持つ4×100mリレーでの世界選手権リレーメンバー入りも濃厚。昨年の東京五輪予選では日本歴代2位の43秒44をマークしたものの、「何もできなかった」兒玉。世界大会の借りは、世界大会でしっかり返す。

◇第106回日本選手権(6月9日~12日/大阪・ヤンマースタジアム長居) オレゴン世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権の最終日に行われた女子200mは、兒玉芽生(ミズノ)が23秒34(+2.6)で2年連続3回目の頂点に立った。 これが女子短距離界を牽引するスプリンターの底力なのだろうか。昨年100m、200mを2冠していた兒玉。だが、今大会では「勝たなきゃいけない」というプレッシャー、そして春からの不調もあり、100mでも2位に敗れ、200m予選でも24秒11でプラス2番目で拾われて決勝に進んだように、「自分の走り」ができていなかった。 予選を終え「正直不安で、昨日(予選)の夜はへこみましたが、日本選手権最後のレースでやるしかないと切り替えました」と兒玉。最内の2レーンに入ったが、「前半から加速に乗れた」と、一気にスピードを上げてトップへ。100mで敗れている君嶋愛梨沙(土木管理総合)を抑えて優勝を飾った。 これで出場権を持つ4×100mリレーでの世界選手権リレーメンバー入りも濃厚。昨年の東京五輪予選では日本歴代2位の43秒44をマークしたものの、「何もできなかった」兒玉。世界大会の借りは、世界大会でしっかり返す。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top