HOME 学生長距離

2022.06.16

【鉄紺軍団Close-up】児玉悠輔 10000mで東洋大勢9年ぶりの表彰台 関東インカレでも“好スタート”決める
【鉄紺軍団Close-up】児玉悠輔 10000mで東洋大勢9年ぶりの表彰台 関東インカレでも“好スタート”決める

 一昨年度の駅伝シーズンは全日本と箱根で1区を任され、ともに区間9位。昨年度は出雲1区で区間7位、箱根1区で区間12位。絶対に遅れることができない1区で堅実な走りを見せてきた児玉悠輔(4年)がトラックで存在感を発揮した。

 関東インカレ初日の男子1部10000mで、28分45秒74の自己ベストをマークして3位に食い込んだ。東洋大の10000m表彰台は2013年の設楽悠太(現・Honda)以来、実に9年ぶりの栄光だった。松山和希(3年)が6位、佐藤真優(3年)も7位に入ったことで、東洋大はトリプル入賞を達成。10000mでの“好スタート”がチームを勢いづけ、鉄紺軍団は過去最高の結果を残すことになる。

広告の下にコンテンツが続きます

「昨年は箱根で一段落という感じで、2月から少しずつ練習するかたちでした。でも、それでは関東インカレに間に合いません。長距離は0点に終わった悔しさがあったので、今年は1月からしっかり取り組んできました。その結果が出たのかなと思います」

 昨年の関東インカレは5000mにエントリーされながら、直前に右脛骨を疲労骨折して棄権。今年は10000mでの出場となり、「入賞」を目指していたという。

「正直、あまり状態が上がっていなくて、最低限入賞して点数を取らなきゃいけないなという感じだったんです。ただ、スローペースになり、様子を見ながら後半上げていくという自分の得意な展開になりました。ラストで早大の井川龍人君(4年)に抜かれてしまったんですけど、表彰台に乗ることができた。3人入賞というかたちになり、すごくいい流れを呼び込めたと思います」

 各校の主力選手が参戦した10000mで結果を残した児玉。高校時代はさほど食事を意識することはなかったというが、大学入学後に栄養バランスを気にするようになったことも成長の一因と言えるかもしれない。

広告の下にコンテンツが続きます

「大学では走行距離が増えるので故障のリスクも高くなります。それに、貧血になると走れないので、各自でとる昼食は脂質の多い揚げ物はなるべく避けて、サバの味噌煮、野菜炒め、豚の生姜焼きのような栄養のバランスが取れた定食メニューを選ぶようにしています。食べる順番にも気をつけていて、最初に汁物を飲んで胃を温めてからサラダ、副菜、主菜という感じで、合間にご飯を食べています」

 また、大学入学後はミネラル入り麦茶でコンディションを整えてきた。

「食事以外で1日にペットボトル(650ml)2本ほどを目安に飲んでいます。ポイント練習の前はスポーツドリンクを飲むこともありますが、ジョグの時はミネラル入り麦茶を飲むことが多いですね。糖質やカフェインが入っていないので、体重の増加や血糖値の上昇を気にする必要がありません。いつ飲んでもさっぱりおいしく飲めるのでうまく活用しています」

 関東インカレ10000mでは箱根駅伝の2区を2年連続で好走している松山に先着し、自信を深めた。

広告の下にコンテンツが続きます

「今、チームで一番強いのが松山です。駅伝では松山に頼るのではなく、松山を生かせるチームにしていけたらいいなと思っています。そのためにも自分がアシストできるようにしないといけません。集団を利用して抜け出すのが得意なので、駅伝では1区で区間賞を取りたいという思いが強いです」

 今季は5000mで13分40秒切り、10000mで27分台を狙いたいという児玉。鉄紺の“切り込み隊長”が、駅伝でもチームに火をつける。

文/酒井政人

※この記事は『月刊陸上競技』2022年7月号に掲載しています

広告の下にコンテンツが続きます
 一昨年度の駅伝シーズンは全日本と箱根で1区を任され、ともに区間9位。昨年度は出雲1区で区間7位、箱根1区で区間12位。絶対に遅れることができない1区で堅実な走りを見せてきた児玉悠輔(4年)がトラックで存在感を発揮した。  関東インカレ初日の男子1部10000mで、28分45秒74の自己ベストをマークして3位に食い込んだ。東洋大の10000m表彰台は2013年の設楽悠太(現・Honda)以来、実に9年ぶりの栄光だった。松山和希(3年)が6位、佐藤真優(3年)も7位に入ったことで、東洋大はトリプル入賞を達成。10000mでの“好スタート”がチームを勢いづけ、鉄紺軍団は過去最高の結果を残すことになる。 「昨年は箱根で一段落という感じで、2月から少しずつ練習するかたちでした。でも、それでは関東インカレに間に合いません。長距離は0点に終わった悔しさがあったので、今年は1月からしっかり取り組んできました。その結果が出たのかなと思います」  昨年の関東インカレは5000mにエントリーされながら、直前に右脛骨を疲労骨折して棄権。今年は10000mでの出場となり、「入賞」を目指していたという。 「正直、あまり状態が上がっていなくて、最低限入賞して点数を取らなきゃいけないなという感じだったんです。ただ、スローペースになり、様子を見ながら後半上げていくという自分の得意な展開になりました。ラストで早大の井川龍人君(4年)に抜かれてしまったんですけど、表彰台に乗ることができた。3人入賞というかたちになり、すごくいい流れを呼び込めたと思います」  各校の主力選手が参戦した10000mで結果を残した児玉。高校時代はさほど食事を意識することはなかったというが、大学入学後に栄養バランスを気にするようになったことも成長の一因と言えるかもしれない。 「大学では走行距離が増えるので故障のリスクも高くなります。それに、貧血になると走れないので、各自でとる昼食は脂質の多い揚げ物はなるべく避けて、サバの味噌煮、野菜炒め、豚の生姜焼きのような栄養のバランスが取れた定食メニューを選ぶようにしています。食べる順番にも気をつけていて、最初に汁物を飲んで胃を温めてからサラダ、副菜、主菜という感じで、合間にご飯を食べています」  また、大学入学後はミネラル入り麦茶でコンディションを整えてきた。 「食事以外で1日にペットボトル(650ml)2本ほどを目安に飲んでいます。ポイント練習の前はスポーツドリンクを飲むこともありますが、ジョグの時はミネラル入り麦茶を飲むことが多いですね。糖質やカフェインが入っていないので、体重の増加や血糖値の上昇を気にする必要がありません。いつ飲んでもさっぱりおいしく飲めるのでうまく活用しています」  関東インカレ10000mでは箱根駅伝の2区を2年連続で好走している松山に先着し、自信を深めた。 「今、チームで一番強いのが松山です。駅伝では松山に頼るのではなく、松山を生かせるチームにしていけたらいいなと思っています。そのためにも自分がアシストできるようにしないといけません。集団を利用して抜け出すのが得意なので、駅伝では1区で区間賞を取りたいという思いが強いです」  今季は5000mで13分40秒切り、10000mで27分台を狙いたいという児玉。鉄紺の“切り込み隊長”が、駅伝でもチームに火をつける。 文/酒井政人 ※この記事は『月刊陸上競技』2022年7月号に掲載しています

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

女王・北口榛花が渡欧前に弾みの逆転V!「余力が残っている状態で勝てた」パリに向かって“チーム一丸”/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、女子やり投は北口榛花(JAL)が63m45のシーズンベストを投げて優勝 […]

NEWS 遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

2024.05.20

遠藤日向が復活!今季初戦で13分20秒28 初五輪へ「最低限良かった」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われ、男子5000mはイマニエル・マル(トヨタ紡織)が13分18秒94で優勝 […]

NEWS 400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

2024.05.20

400mH豊田兼が日本歴代5位の48秒36 波乱の100mは栁田V サニブラウン、坂井はアクシデント/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリが行われた。 広告の下にコンテンツが続きます 男子400mハードルで好記録が誕生 […]

NEWS 400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

2024.05.20

400mH山本竜大が49秒96でV 200mは山路康太郎が20秒63で快勝/東日本実業団

◇第66回東日本実業団選手権(5月18日~19日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場) 5月20日、東日本実業団選手権の最終日が行われ、男子400mハードルは山本竜大(SEKI A.C.)が49秒96で優勝を飾った。 […]

NEWS 【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

2024.05.20

【高平慎士の視点】日本スプリントを背負い始めた栁田大輝の覚悟 サニブラウン、坂井隆一郎は存在感と課題

国立競技場で開催されたセイコーゴールデングランプリ(5月19日)の男子100mは、昨年のブダペスト世界陸上代表のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)、坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)がそろい踏みしたなか、栁 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top