月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

山縣亮太が6月の日本選手権を欠場 昨年秋に右膝を手術 「来年、再来年に向け改革中」


男子100m日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)が7月のオレゴン世界選手権の代表選考を兼ねた日本選手権(6月9日~12日)を欠場することを発表した。

山縣は数年前から右膝に違和感を感じており、2020年に膝蓋腱炎と診断。その後は一時的な治療を行いながら、21年6月には100mで9秒95の日本記録も樹立していた。だが、その過程で痛みのため練習を休むこともあったことから、コーチの高野大樹氏と相談し、昨年10月に腱を修復して骨棘の除去を行う手術に踏み切った。

山縣は今年3月のインタビューで「今年は身体の機能を回復させる年」と話しており、高野コーチも「(日本選手権は)術後の回復次第ですが、無理に合わせる必要はない」と位置づけていた。今後は24年のパリ五輪に向けて照準を合わせ、「来年はしっかりと身体を強化し、再来年は『やり切った』ということろまでフィジカルと技術をピークに持っていく」(山縣)と決意を表明している。

今年6月10日に30歳を迎える山縣はSNSで「30歳節目のレースに出場できないことは私自身大変残念です」とコメントし、「来年、再来年に向け色々改革中なのでもう少し時間を頂けると幸いです。今後とも変わらぬご声援の程よろしくお願いします」と綴った。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com