月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

カールストロームが10km38分42秒でV 女子はベテランの切陽什姐が制す/WA競歩ツアー


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)
5月16日、スペイン・マドリードで世界陸連競歩ツアー・ゴールドの競技会が開催され、男子10kmはのP.カールストローム(スウェーデン)が38分42秒で、女子10kmは切陽什姐(中国)が43分07秒で優勝した。

男子優勝のカールストロームは19年ドーハ世界選手権20km銅メダリスト。今年3月にオマーン・マスカットで行われた世界競歩チーム選手権では35kmで優勝した。今年7月のユージン世界選手権へは20km、35kmの2種目出場への意向を示している。東京五輪20km金メダリストのM.スタノ(イタリア)は40分21秒で13位に終わった。

31歳の切陽什姐は、12年ロンドン五輪20kmでは2位でフィニッシュしたが、優勝したY.ラシュマノワ(ロシア)のドーピングによる処分に伴い順位が繰り上がって金メダリストとなった。35kmでは先月の大会でアジア最高記録の2時間43分06秒をマークしている。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com