月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

25年世界選手権の東京招致へ!陸連・尾縣会長が小池都知事へ応援要請 実現すれば1991年以来2度目


日本陸連は5月13日、2025年の世界選手権の日本開催を目指し、世界陸連(WA)へ承知ファイルを提出したことを発表した。また同日、日本陸連の尾縣貢会長が東京都の小池百合子都知事を訪問。世界選手権の国立競技場開催の意向を説明し、応援要請文を提出した。

東京での世界選手権は1991年に旧国立競技場で開催。男子100mでカール・ルイス(米国)が9秒86の世界新記録で優勝したり、走幅跳でマイク・パウエル(米国)が世界記録を樹立したりするなど歴史に刻まれている。日本勢では男子マラソンの谷口浩美が金メダルを獲得した。

なお、開催計画などについては調整中で、現段階での公表はできないとしている。なお、25年世界選手権の開催地は今夏のオレゴン世界選手権期間中のカウンシル会議にて決定される。

2020年10月に世界陸連のセバスチャン・コー会長が国立競技場を視察した際には「東京で世界選手権できれば」というコメントも残している。

■日本陸連・尾縣貢会長が東京都へ提出した応援要請文 全文

2025世界陸上競技選手権大会の東京招致に向けた応援要請について

平素より本連盟の活動に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

本連盟は、2025年世界陸上競技選手権大会の招致に向け、ワールドアスレティックス(世界陸連)に対して立候補したところです。会場といたしましては、陸上の聖地であり、東京 2020オリンピック・パラリンピック競技大会でも使用された、東京の国立競技場を希望しています。

世界陸上競技選手権大会は、200を超える国・地域から 2,000名のトップアスリートが参加する世界最高峰の陸上競技大会であり、2025大会を日本・東京で開催することは、日本の陸上界・スポーツ文化の発展だけでなく、日本・東京の経済の活性化など、多くの意義・価値を有していると考えます。

本連盟においては、大会招致や万全な大会の実現に向けた検討や対応を鋭意進めているところです。「スポーツフィールド・東京」の実現を目指しておられる貴都におかれましても、ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com