月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

サニブラウンが10秒21 男子砲丸投のクルーザーは今季世界最高の22m75/プエルトリコ・クラシック

12日、カリブ海のプエルトリコで「プエルトリコ・クラシック」が行われ、男子100mに前日本記録(9秒97)保持者のサニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)が出場。10秒21で5位に入った。

4月に追い風参考ながら10秒08(+2.1)をマークしているサニブラウンは、予選を10秒28(-1.1)で通過。15年世界選手権銅メダリストのT.ブロメル(米国)も出場した決勝では、中盤以降にトップから引き離され5位でフィニッシュした。優勝はブロメルで、タイムは9秒92だった。

このほか、東京五輪の金メダリストが多数出場し、男子砲丸投では世界記録保持者のR.クルーザー(米国)が今季世界最高の22m75を放ち、2位に2m近い差をつけて圧勝。女子100mのE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)は向かい風0.8mの中、10秒93で優勝を飾った。

また、男子300mに出場した東京五輪男子400m金のS.ガーディナー(バハマ)は世界歴代8位の31秒52をマーク。女子800m金のA.ムー(米国)は400mを50秒42で制している。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com