月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子10kmは村山裕太郎が40分28秒で圧勝 U20女子は好調の大山がV/輪島競歩


16日、石川県輪島市で第61回全日本競歩輪島大会の1日目が行われ、男子10kmは村山裕太郎(富士通)が40分28秒で制した。

兵庫県出身の村山は今季が社会人2年目。順大時代に日本インカレ10000m競歩4位、日本学生競歩20km3位などの実績を持ちながら、昨年は故障で大会に出場できずにいた。それでも今年1月の元旦競歩でレースに復帰すると、2月の日本選手権20km競歩で5位入賞と復調。今大会では他を寄せ付けず、2位以下に大差をつけてフィニッシュした。

女子10kmは林奈海(佐賀県スポ協)で49分39秒でトップ。また、8月のU20世界選手権の選考会を兼ねたU20の部(10km)は男子は下池将多郎(鹿児島工高3)が41分11秒で、女子は2月のU20選抜競歩優勝の大山藍(鹿児島女高2)が45分19秒で、ともに鹿児島勢が制した。

全日本競歩輪島大会は17日に併催の日本選手権35km競歩とともに2日目が行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com