月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

日本選手権35km競歩輪島大会で20kmの特別レースを実施 世界選手権標準記録突破の機会作る


日本陸連は3月9日、第106回日本選手権35km競歩・全日本競歩輪島大会(4月17日/石川・輪島)において、男女の20km競歩を特別レースとして実施すると発表した。

これは今夏のオレゴン世界選手権に向けての措置。20kmの世界選手権の代表選考競技会は終了済みの世界競歩チーム選手権、第105回日本選手権20km競歩と、3月20日の全日本競歩能美大会の3大会だが、これらの大会で3位以内に入った選手が代表選考の候補に挙がるが、出場権を得るためには世界陸連の定める参加標準記録を突破する必要がある。

上記選考3大会で3位以内に入っても参加標準記録を突破できなかった場合は、有効期間となる6月26日までに海外レースなどに参加しなければならない。そのため、「新型コロナウイルスの影響から、今後、渡航できるか不透明であること」(日本陸連)から実施が決まった。

参加資格を持つのは、選考会3大会の上位3人のみ。8時45分にスタートする。20km競歩のオレゴン世界選手権代表は、2月の日本選手権で高橋英輝(富士通)が代表に内定し、残りは2枠。また、世界競歩チーム選手権で金メダルを獲得した山西利和(愛知製鋼)は19年ドーハ世界選手権優勝のためワイルドカードで別途出場資格を持っているため、男子20kmは最大4人が出場できる。

20kmの参加標準記録は男子が1時間21分00秒、女子は1時間31分00秒で、有効期間は2020年12月27日から22年6月26日まで。これとは別にそれぞれ1分早い日本陸連独自の派遣設定記録を定めており、派遣設定記録を突破して選考会日本人最上位は代表に内定する。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com