月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

“新鳥人”棒高跳のデュプランティス6m19!自身の世界記録を更新「まだ最高のジャンプじゃない」


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

3月7日にベオグラード(セルビア)で行われた世界陸連室内ツアー・シルバーの男子棒高跳で、A.デュプランティス(スウェーデン)が6m19をクリア。自身が2020年に作った6m18の世界記録を2年ぶりに1cm更新した。

デュプランティスは5m61から試技をスタートして1回目で成功。他の選手全員が脱落して1人となり、5m85、6m00と悠々1回でクリアした。何度も挑戦してきた世界記録となる6m19は2回目まで失敗。そしてついにその瞬間が訪れる。やや膝がバーをこすったが、落ちることなく世界新記録を達成した。

22歳のデュプランティスは、両親(父・棒高跳、母・七種競技)ともにアスリートで、父のグレッグ・デュプランティスをコーチにキャリアをスタート。棒高跳を初めてしたのは3歳のときだという。「棒高跳の申し子」として、U18世界記録(当時)、U20世界記録と次々に記録を更新。2020年にR.ラヴィレニ(フランス)が持っていた6m16iの世界記録を1cm塗り替えると、1週間後に6m18とさらに更新した。さらに屋外の世界最高記録だったS.ブブカ(ウクライナ)の6m14も同年9月に1cm上回っている。昨年は東京五輪で金メダルを獲得した。

デュプランティスは「50回は挑戦してきた。長い間挑戦して苦労してきた高さだからうれしい。本当に大変な戦いだった」と感情を爆発。それでも「このジャンプが最高のものだったとは思わない」と、さらなる記録を見据える。前人未踏の「6m20」も、“新鳥人”によってこのそう遠くない日に現実のものとなりそうだ。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com