HOME ニュース、海外

2022.03.08

“新鳥人”棒高跳のデュプランティス6m19!自身の世界記録を更新「まだ最高のジャンプじゃない」
“新鳥人”棒高跳のデュプランティス6m19!自身の世界記録を更新「まだ最高のジャンプじゃない」


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

3月7日にベオグラード(セルビア)で行われた世界陸連室内ツアー・シルバーの男子棒高跳で、A.デュプランティス(スウェーデン)が6m19をクリア。自身が2020年に作った6m18の世界記録を2年ぶりに1cm更新した。

デュプランティスは5m61から試技をスタートして1回目で成功。他の選手全員が脱落して1人となり、5m85、6m00と悠々1回でクリアした。何度も挑戦してきた世界記録となる6m19は2回目まで失敗。そしてついにその瞬間が訪れる。やや膝がバーをこすったが、落ちることなく世界新記録を達成した。

22歳のデュプランティスは、両親(父・棒高跳、母・七種競技)ともにアスリートで、父のグレッグ・デュプランティスをコーチにキャリアをスタート。棒高跳を初めてしたのは3歳のときだという。「棒高跳の申し子」として、U18世界記録(当時)、U20世界記録と次々に記録を更新。2020年にR.ラヴィレニ(フランス)が持っていた6m16iの世界記録を1cm塗り替えると、1週間後に6m18とさらに更新した。さらに屋外の世界最高記録だったS.ブブカ(ウクライナ)の6m14も同年9月に1cm上回っている。昨年は東京五輪で金メダルを獲得した。

デュプランティスは「50回は挑戦してきた。長い間挑戦して苦労してきた高さだからうれしい。本当に大変な戦いだった」と感情を爆発。それでも「このジャンプが最高のものだったとは思わない」と、さらなる記録を見据える。前人未踏の「6m20」も、“新鳥人”によってこのそう遠くない日に現実のものとなりそうだ。

写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT) 3月7日にベオグラード(セルビア)で行われた世界陸連室内ツアー・シルバーの男子棒高跳で、A.デュプランティス(スウェーデン)が6m19をクリア。自身が2020年に作った6m18の世界記録を2年ぶりに1cm更新した。 デュプランティスは5m61から試技をスタートして1回目で成功。他の選手全員が脱落して1人となり、5m85、6m00と悠々1回でクリアした。何度も挑戦してきた世界記録となる6m19は2回目まで失敗。そしてついにその瞬間が訪れる。やや膝がバーをこすったが、落ちることなく世界新記録を達成した。 22歳のデュプランティスは、両親(父・棒高跳、母・七種競技)ともにアスリートで、父のグレッグ・デュプランティスをコーチにキャリアをスタート。棒高跳を初めてしたのは3歳のときだという。「棒高跳の申し子」として、U18世界記録(当時)、U20世界記録と次々に記録を更新。2020年にR.ラヴィレニ(フランス)が持っていた6m16iの世界記録を1cm塗り替えると、1週間後に6m18とさらに更新した。さらに屋外の世界最高記録だったS.ブブカ(ウクライナ)の6m14も同年9月に1cm上回っている。昨年は東京五輪で金メダルを獲得した。 デュプランティスは「50回は挑戦してきた。長い間挑戦して苦労してきた高さだからうれしい。本当に大変な戦いだった」と感情を爆発。それでも「このジャンプが最高のものだったとは思わない」と、さらなる記録を見据える。前人未踏の「6m20」も、“新鳥人”によってこのそう遠くない日に現実のものとなりそうだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.14

400m中島佑気ジョセフ 初五輪でファイナルへ「日本記録更新が必要になる」マイルリレーメダルへも意欲

男子400mでパリ五輪代表に内定した中島佑気ジョセフ(富士通)が都内で会見を開き、パリ五輪に向けた意気込みを語った。 日本選手権を連覇した中島。パリ五輪の参加標準記録(45秒00)はクリアできなかったが、ワールドランキン […]

NEWS パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

2024.07.14

パリ五輪4継Vへ 土江寛裕ディレクター「どのメンバーでも金メダル狙える」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

2024.07.14

4×100mRパリ五輪で悲願の金へ!桐生祥秀「もう一回メダル取りたい」栁田「2走は僕の区間」

日本陸連は7月12日、パリ五輪の男子4×100mリレーの練習を公開した。 今回参加したのは100mで代表入りした坂井隆一郎(大阪ガス)、東田旺洋(関彰商事)、200m代表の鵜澤飛羽(筑波大)、上山紘輝(住友電工)、飯塚翔 […]

NEWS 東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top