月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪女子5000m8位のジャンが最終戦制す 男子はヌディクムウェナヨが優勝/WAクロカンツアー

Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

3月6日、WA(世界陸連)クロスカントリー・ツアー・ゴールドの最終戦が開催され、女子(9000m)は東京五輪5000m8位のY.ジャン(トルコ)が27分24秒で、男子(10000m)はT.ヌディクムウェナヨ(ブルンジ)が28分04秒で優勝した。

ケニア出身のジャンは19歳だった2016年にトルコ国籍を取得。同年7月の欧州選手権で5000mと10000mの2冠を達成すると、翌月のリオ五輪で5000m6位、10000m7位と初の国際大会入賞を果たした。20年の世界ハーフマラソン選手権でも7位に入っている。

ヌディクムウェナヨは1500m3分37秒25、5000m13分25秒30と、トラックの自己記録は特筆するほどではないが、17歳だった14年にはユース五輪の3000mで銀メダル獲得、19年の世界クロカンで9位に入った実績がある。

男子の2位は17年ロンドン世界選手権5000m7位のA.カイフル(エリトリア)で1位と20秒差の28分24秒。女子は接戦で、E.チェロノ(ケニア)が1位と1秒差の27分25秒で2位に続いた。

このツアーは昨年から今年にかけて初めて実施された。獲得ポイントでのトップは男子がR.クウィゼラ(ブルンジ)の3840点、女子はR.ダニエル(エリトリア)の3820点だった。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com