月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子棒高跳のニルセンが室内北米新の6m05でV 2位オビエナも室内自己新の5m91/WA室内ツアー


写真/Mochizuki Jiro(Agence SHOT)

3月5日、ルーアン(フランス)で開催されたWA(世界陸連)室内ツアー・シルバーラベルの競技会の男子棒高跳で、東京五輪銀メダリストのC.ニルセン(米国)が室内世界歴代5位の6m05で優勝。今年2月に自身が樹立した6m02の室内北米記録を3cm更新した。2位にはアジア記録(5m93)保持者のE.オビエナ(フィリピン)が、室内での自己新となる5m91で続いた。女子棒高跳は東京五輪5位のT.シュテイ(スロベニア)が自己新の4m80で制した。
ニルセンは翌6日にもパリ(フランス)で開催されたWA室内ツアー・シルバーの大会にも出場し、5m88で優勝した。この大会の女子60mでは、東京五輪100m6位のM.カンブンジ(スイス)が7秒06でV。男子60mハードルはW.ベロシアン(フランス)が7秒53で、女子60mハードルはC.サンバ-マエラ(フランス)が7秒94で制した。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com