月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

4位・東洋大が鉄紺の意地見せる復路2位!石田洸介は「20kmで勝負できる調子ではなかった」/箱根駅伝


◇第98回箱根駅伝(神奈川・箱根町~東京・大手町/10区間217.1km)

2区・松山和希(2年)が区間5位と快走した東洋大は、4区・木本大地(3年)が区間18位と苦しい走りとなってしまい12位に転落。5区の主将・宮下隼人(4年)も区間8位と本来の力を出し切れず、往路は9位で折り返した。

目標の「3位以内」まで3分00秒差と厳しい展開になったが、復路では「1秒をけずりだす」ような鉄紺の走りを披露する。

ジリジリと前を追いかけ、8区まで総合9位は変わらなかったが、蝦夷森章太(4年)が区間4位と健闘。続く前田義弘(3年)で7位に浮上した。2年連続でアンカーを務めた清野大雅(3年)が攻めの走りで、創価大、中大、東京国際大を抜き去ると、最後は駒大と激しく競り合った。

駒大に2秒届かなかったものの、総合4位でフィニッシュ。復路は青学大に続く2位で後半区間の猛烈な追い上げで箱根路を沸かせた。

「往路は想定より4分以上悪かったのですが、復路で立て直してくれました。特に8、9、10区は区間上位でまとめてくれて、本当に計画通りのいい走りでしたね。復路は各区間で、最後すごく粘りました。ラストスパートの積み重ねが最後は3位の駒大に2秒差まで詰め寄ることができた要因だと思います」(酒井俊幸監督)

今大会は注目のスーパールーキー・石田洸介の起用が見送られた。出雲と全日本で区間賞を獲得。箱根では日本人ルーキー初の「区間賞3冠」という偉業が懸かっていたが、酒井監督が選択したのは石田の“将来”だった。

「故障や体調不良ではなく、20㎞で勝負するという調子まで上がってこなかったんです。箱根駅伝を超えたレベルを目指してほしい選手なので、無理はさせたくはなかった。彼に求めるレベルの走りは1km3分押しではありません。今回でいえば中大・吉居大和君のような走りをさせたいんです」(酒井監督)

往路は石田の不在が響いたかたちになったが、木本、そして復路の選手たちは貴重な経験を積んだ。来季は2区で快走した松山と石田の「ダブルエース」を軸にして、学生駅伝で再び、主役の座を狙う。

【関連記事】箱根駅伝2022の全成績&区間賞一覧

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com