HOME ニュース、国内

2021.12.31

飯野摩耶が埼玉医科大Gを退職 選手兼監督として今年クイーンズ駅伝初出場に導く
飯野摩耶が埼玉医科大Gを退職 選手兼監督として今年クイーンズ駅伝初出場に導く


埼玉医科大グループは、監督兼選手として所属していた飯野摩耶が12月31日付で退職すると発表した。

飯野は1988年生まれの33歳。全中1500m優勝など中学時代から全国区で活躍。高校卒業後は第一生命グループに入部し、実業団選手を経て24歳になってから東農大へ入学。富士山女子駅伝1区区間賞など実績を残した。大学卒業後は再び第一生命グループへ。

3年間所属した後、2019年度から埼玉医科大グループの選手兼監督となり、注目を集めた。今年は全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)に初出場を果たし、1区を務めていた。

飯野は自身のSNSで「いつもたくさんの応援ありがとうございます。何の知識もない私を指導者として受け入れていただき、いろんなことに挑戦して、たくさん悩んで、とても充実した数年でした」と思いを綴っている。

なお、チームの指導は興水勝美コーチが引き続き担当する予定としている。

●プロフィール
飯野摩耶
1988年生まれ。山梨県出身。巨摩中→韮崎高→第一生命グループ→東農大→第一生命グループ→埼玉医科大グループ
主な自己ベスト
1500m4分12秒41(16年)
5000m15分40秒95(07年)

埼玉医科大グループは、監督兼選手として所属していた飯野摩耶が12月31日付で退職すると発表した。 飯野は1988年生まれの33歳。全中1500m優勝など中学時代から全国区で活躍。高校卒業後は第一生命グループに入部し、実業団選手を経て24歳になってから東農大へ入学。富士山女子駅伝1区区間賞など実績を残した。大学卒業後は再び第一生命グループへ。 3年間所属した後、2019年度から埼玉医科大グループの選手兼監督となり、注目を集めた。今年は全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)に初出場を果たし、1区を務めていた。 飯野は自身のSNSで「いつもたくさんの応援ありがとうございます。何の知識もない私を指導者として受け入れていただき、いろんなことに挑戦して、たくさん悩んで、とても充実した数年でした」と思いを綴っている。 なお、チームの指導は興水勝美コーチが引き続き担当する予定としている。 ●プロフィール 飯野摩耶 1988年生まれ。山梨県出身。巨摩中→韮崎高→第一生命グループ→東農大→第一生命グループ→埼玉医科大グループ 主な自己ベスト 1500m4分12秒41(16年) 5000m15分40秒95(07年)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

NEWS 100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top