月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

飯野摩耶が埼玉医科大Gを退職 選手兼監督として今年クイーンズ駅伝初出場に導く


埼玉医科大グループは、監督兼選手として所属していた飯野摩耶が12月31日付で退職すると発表した。

飯野は1988年生まれの33歳。全中1500m優勝など中学時代から全国区で活躍。高校卒業後は第一生命グループに入部し、実業団選手を経て24歳になってから東農大へ入学。富士山女子駅伝1区区間賞など実績を残した。大学卒業後は再び第一生命グループへ。

3年間所属した後、2019年度から埼玉医科大グループの選手兼監督となり、注目を集めた。今年は全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)に初出場を果たし、1区を務めていた。

飯野は自身のSNSで「いつもたくさんの応援ありがとうございます。何の知識もない私を指導者として受け入れていただき、いろんなことに挑戦して、たくさん悩んで、とても充実した数年でした」と思いを綴っている。

なお、チームの指導は興水勝美コーチが引き続き担当する予定としている。

●プロフィール
飯野摩耶
1988年生まれ。山梨県出身。巨摩中→韮崎高→第一生命グループ→東農大→第一生命グループ→埼玉医科大グループ
主な自己ベスト
1500m4分12秒41(16年)
5000m15分40秒95(07年)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com