月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

第2回大学対校男女混合駅伝が2月に大阪で開催 順大、京産大、日体大ら21チームが参加

関西学生陸上競技連盟(関西学連)は23日、来年2月20日に大阪・ヤンマーフィールド長居と長居公園内特設コースにて「第2回全国招待大学対校男女混合駅伝競走大会」を開催することを発表した。

出場校は主催の関西学連から関学大、京産大、立命大、関西学連選抜ら12チームが名を連ね、そこに関東学連から「招待校」として順大、城西大、拓大など9校を加えた全21チームが出場予定。1周3kmの全長20kmで争われ、6区間(3km、2km、5km、3km、2km、5km)を男女3人ずつが走ることになる。

今年の3月に行われた第1回大会は、招待校の順大が3区間で区間賞を獲得して初代チャンピオンに。36秒差の2位に京産大が入り、女子の2区間で区間トップの成績を収めた日体大が3位だった。

関西学連の強化ヘッドコーチを務める渋谷俊浩氏は「学生からオリンピックランナーを輩出するための道筋になると信じている」とコメント。5年後、10年後とさらに大会を発展させるための案として「今は男女で区間が固定されていますが、今後はオーダーを各チームに任せるといったことも考えられる」と展望を口にした。

また、「国立大学 東西四大学対抗戦」も同時開催され、東大、一橋大、京大、阪大の4チームが出場する。スタートは12時10分。大会の模様は関西テレビで生中継される。

◆出場チーム一覧
<関西学連>
大教大
関大
関西外大
関学大
京産大
神戸大
神戸学大
同志社大
びわこスポ大
佛教大
立命大
関西学連選抜
<関東学連>※招待校
順大
城西大
拓大
大東大
中大
筑波大
東海大
東洋大
日体大
<国立大学 東西四大学対抗戦>※同時開催
東大
一橋大
京大
阪大

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com