月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

Playback2021日本記録/廣中璃梨佳が世界の舞台で躍動!福士の記録を塗り替える16年ぶり日本新


2021年は21個もの日本記録(タイ記録含む)が誕生した。東京五輪イヤーという特別な1年に樹立された日本記録を振り返っていく。

必死に食らいついて打ち立てた日本記録

5000m、10000m両種目で東京五輪代表入りの廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が、世界の舞台で圧巻の走りを見せた。

廣中は大会1日目の女子5000m予選1組に出場。いつもと変わらぬスタンスで序盤からトップを走り、中盤で後退しつつ、自身の持つ日本歴代3位のタイムを更新する14分55秒87で9着。福士加代子(ワコール)が2005年に樹立した日本記録、14分53秒22まであと2秒65と迫る走りを見せ、タイムで拾われて決勝に進出した。

3日後の決勝でも積極的にレースを進め、1600m付近まで先頭をひた走る。その後は10番手まで後退。3000m過ぎにはトレードマークの帽子も脱ぎ捨てた。「ここからだ」。気合を入れ直し、世界の選手たちに食らいつく。

「ラスト1周は何とか食らいつこうと腕を振りました」と言うように最後まであきらめず、14分52秒84の9位でフィニッシュ。入賞にはあと一歩届かなかったが、大舞台で福士の記録を塗り替える16年ぶりの日本新だった。

さらに廣中は10000mで日本歴代4位(当時)の31分00秒71をマークし、日本人25年ぶり3人目の入賞。秋には、11月28日の全日本実業団対抗女子駅伝では、10人抜きで順位を2位まで押し上げ、3区区間賞を獲得。駅伝でも好成績を残している。

長崎・桜が原中、長崎商高時代に、駅伝で一躍脚光を浴び、全国都道府県女子駅伝では中3から実業団1年目の2020年まで5年連続区間賞。トラックでもその才能を花開かせた逸材だ。20歳で臨んだ初めての五輪。その大舞台で積極的に戦い、日本記録を打ち立てた廣中。今後、どこまで飛躍を遂げるのだろうか。

◇女子5000m日本歴代10傑
14.52.84 廣中璃梨佳(日本郵政グループ) 2021. 8. 2
14.53.22 福士加代子(ワコール) 2005. 7. 8
14.55.83 新谷 仁美(積水化学) 2020. 9.20
14.59.36 萩谷  楓(エディオン) 2021.9.26
14.59.93 田中 希実(豊田自動織機TC) 2021.7.30
15.02.48 木村 友香(資生堂) 2012.12.10
15.03.67 弘山 晴美(資生堂) 1998. 8. 5
15.05.37 小林祐梨子(豊田自動織機) 2008.10.18
15.06.07 赤羽有紀子(ホクレン) 2008. 7.13
15.06.66 一山 麻緒(ワコール) 2020. 7.18

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com