月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

大迫傑さん代表の株式会社 I が服部勇馬・弾馬の貢献活動をサポート 服部家生産の米の販売促進へ


東京五輪男子マラソン6位入賞の大迫傑さんが代表取締役を務める株式会社Iは30日、「株式会社I・大迫傑×アスリート支援×地元支援」の第1弾として、同マラソン代表の服部勇馬(トヨタ自動車)、2018年日本選手権5000m優勝の弾馬(トーエネック)兄弟による、新潟県十日町市への貢献活動のサポートをすることを発表した。その第一歩として、両選手の実家が作る米の認知、販売促進を目指す取り組みを開始する。

服部兄弟の出身地である新潟県十日町市中里地区で作られたお米は、「魚沼産コシヒカリ」としても知られている。服部兄弟は「十日町では人口減少が進んでおり、いつまでも町に活気があってほしい。また、お米の消費量は徐々に減っているが、より多くの人にお米を食べてほしい。この取り組みを通じてお米の生産者をもっと身近に感じてもらえたり、故郷に興味を持ってもらえたらうれしい」と呼びかけている。

2人によると、服部家で作られた米を「馬舞(umai)」と名づけているという。 自分たちの名前にちなんだものだ。

株式会社Iは、アスリート支援、挑戦しようとする人の最初の一歩の背中を押すこと、地元で輝こうと挑戦する人を応援することがミッション。その第1弾として、十日町市内の小中学校でランニングクリニックを開催するなど、地元への貢献活動に取り組む両選手をサポートするかたちとなった。上記以外にも、Sugar Elite KIDsの開催などによる地元活性化を検討している。

●大迫傑代表のコメント
愛する地元のために、アスリートである自分たちだからこそできることを真剣に考えるお二人に感銘しました。私個人としても、株式会社Iとしても、勇馬選手、弾馬選手を応援していきます。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com