月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

拓大は連続出場が8年でストップ、城西大は2年連続出場逃す 大東大、筑波大、上武大は復帰ならず/箱根駅伝予選会

トラックなどのタイムを比較して通過候補に挙げられていた拓大だったが、10位国士大と55秒差の11位に終わり、9年連続44回目の箱根路はならなかった。

6月の全日本大学駅伝関東選考会では4位で通過し、11月7日の本大会出場権を獲得。また、9月中旬にジョセフ・ラジニ(3年)が10000mで学生記録を13年ぶりに更新する27分25秒65をマークした他、日本人選手も自己新を出した。28分台後半から29分10秒台が7人を数え、秋に入って調子を上げていた。

だが、前回予選会個人トップのラジニは5位。日本人選手も個人100位以内だったのが合田椋(4年)の37位、桐山剛(4年)の79位の2人にとどまり、本戦連続出場は8でストップした。

もう1つの前回出場校だった城西大は個人100位以内がエース・砂岡拓磨(4年)の33位と山本唯翔(2年)の81位の2人だけ。10位の国士大とは3分51秒差の15位で2年連続出場17回目の本戦とはならなかった。

復活出場を期したチームも苦戦した。3年ぶり51回目の出場を目指した大東大は12位。5km通過で4位、10km通過ではトップの明大に次ぐ2位につけていたが、15kmで5位、18kmでは11位と順位を下げた。

前回の予選会で10位と18秒差の11位に終わった筑波大。2年ぶり62回目を狙ったが13位だった。福谷颯太(3年)の個人16位をはじめ、上位5人が100位以内でまとめたものの、チーム8番~10番目が個人200番台。10000mの28分41秒71の記録を持つ岩佐一楽(3年)がエントリーから外れたのが影響したのかもしれない。

14位の上武大は村上航大(3年)が個人24位だったが、その後の選手が続かず、3年ぶり12回目の出場とはならなかった。

16位立大、17位流経大、18位東農大、19位慶大の4チームは戦力的に通過校との差があったが、5km通過時点で10位以内に入っていた。20位は東京経大は個人100位以内が45位の大川歩夢(3年)の1人だけ。89回の本戦出場を誇る日大は、10km通過まで10位以内につけていたが、最終的には21位に終わった。

なお、個人トップは武蔵野学大のワンジク・チャールズ・カマウ(2年)が1時間1分23秒で制した。

タグ:

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com