月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

中央学大の危機を救った栗原啓吾が日本人トップ!「勝ち切ることを意識して走りました」/箱根駅伝予選会

◇第98回箱根駅伝予選会(10月23日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地)

熾烈な日本人先頭争いを制したのは、中央学院大の栗原啓吾(4年)だった。

20km手前で満を持して先頭に躍り出ると、一気にスパート。残り600mの直線は強烈な向かい風に阻まれ「体力が残っていなかった」と話すが、後ろから猛追する加藤大誠(明大)を振り切り、日本人1番手の8位となる1時間2分46秒で走破した。

「終盤でも少し余裕があったので、『もしかしたら(日本人トップ)いけるかもしれない』と思いました。ラスト1kmで行くように監督から言われていましたが、少し早く抜け出して勝ち切ることを意識して走りました。力を出し切ったと思います」

昨年の予選会もチームトップだったが、日本人12番手の個人16位。チームは本戦への連続出場を「18」でストップさせてしまった。

2年連続で予選会敗退は避けなければいけない。今年は「エース」としての自覚を強く持って取り組み、4月には10000mで中央学院大学記録を13年ぶりに更新する28分03秒39をマーク。夏以降も、継続して練習を積むことができていた。

しかし、その一方でチーム内では故障者が続出し、エースの栗原にはとてつもないプレッシャーがのしかかった。それでも「自分の役目は日本人先頭集団でタイムを稼ぐこと。自分が崩れたら終わりだと思って走りました」と、重圧をプラスに変換する力が栗原にはあった。

エースの走りでチームは7位通過を果たし、2年ぶりの本戦出場が決定。3年ぶりのシード権獲得へ、再び快走を見せるつもりだ。

「まだ区間はわかりませんが、1区か3区を走りたいと思っています。前半区間で区間上位の走りをして、しっかりチームに流れを作ってあげられる走りがしたい」と、栗原は最後の箱根路へ気持ちを引き締めていた。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com