月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【出雲駅伝】1区は青学大のエース近藤幸太郎が区間賞!早大、東京国際大が続く

◇第33回出雲全日本大学選抜駅伝競走(10月10日・島根県出雲市)

2年ぶりに開催された出雲駅伝で、駅伝シーズンが幕を開けた。

気温がぐんぐんと上がるなか、12時5分にスタート。1区は最初の1kmこそ2分48秒で入ったが、その後はスローペースとなり3分前後で進む。ラスト2kmまで上位集団が団子となるなか、最後は青学大のエース・近藤幸太郎(3年)が残り200mでスパートを決め、23分41秒で区間賞を獲得。4秒差で早大・菖蒲敦司(2年)が続き、アンカーにイェゴン・ヴィンセント(3年)が控える東京国際大は5秒差の3位と好スタートを切った。

東北学連選抜の松浦崇之(東北大院2年)が区間4位と好走した。

近藤は5000m(13分34秒88)と10000m(28分10秒50)の青学大記録を持ち、9月の日本インカレでは5000mで優勝している。今年正月の箱根駅伝では7区3位。

◇コメント
「区間賞取ることが仕事だと思っていたので仕事ができた。今日は父の誕生日なのでプレゼントになりました。スローペースになると予想していたのでラスト勝負になると思っていた。冷静に対応できました」



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com