月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

出雲駅伝当日変更を発表 東京五輪代表・三浦龍司、早大・千明はメンバー入りならず


本日行われる第33回出雲駅伝。今大会から当日のメンバー変更が2名まで認められており、出場20チームの最終オーダーが発表された。

3冠を狙う駒大は、2区の赤星雄斗(2年)に変わって安原太陽(2年)が入った。優勝候補の青学大や前々回優勝(※昨年はコロナ禍で中止)で『連覇』を狙う國學院大は当日変更なし。初出場初優勝を狙う東京国際大は5区を村松敬哲(2年)から宗像聖(3年)に変えた。当日変更があったのは駒大、東京国際大、帝京大(4区、福島渉太→森田瑛介)の3校のみ。

一方、補員登録から当日変更での区間配置が注目された東京五輪・男子3000m障害7位入賞の順大・三浦龍司(2年)は補員のまま欠場。地元・島根での凱旋レースとはならなかった。また、優勝を狙う早大の千明龍之佑(4年)が正メンバー入りしなかった。

出雲駅伝は12時5分スタート。6区間45.1kmで争われる。


タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com