月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

土方英和が2時間11分47秒で日本勢トップの9位 男子はアドラ、女子はゲブレシラシエが初優勝/ベルリン・マラソン

ベルリン・マラソン(ドイツ)が26日に行われ、グエ・アドラ(エチオピア)が2時間5分45秒で優勝した。2年前の同大会を世界歴代2位の2時間1分41秒で制した39歳のケネニサ・ベケレ(エチオピア)は2時間6分47秒で3位。日本勢最上位は土方英和(Honda)で2時間11分47秒の9位だった。

日本歴代5位の2時間6分26秒をマークした2月のびわ湖毎日以来、3度目となるマラソン挑戦となった土方。かつて何度も世界記録が生まれた高速コースで果敢に挑み、最初の20kmを59分05秒と日本記録(2時間4分56秒)を上回るペースで推移。しかし、暑さもあってか後半に失速し、自己記録の更新とはならなかった。

他の日本勢は村本一樹(住友電工)が2時間14分11秒で14位、藤本拓(トヨタ自動車)が2時間14分18秒で15位と、ともに2時間7分台の自己記録からは大きく遅れた。

先頭集団は世界新ペースで前半を折り返したが、暑さもあって徐々に耐久戦の模様に。その間に中間点で1分半近く遅れていたべスウェル・エゴン(ケニア)が終盤に追い上げ、アドラとの一騎打ちとなった。40km付近でスパートを放ったアドラが突き放し、4年前に準優勝だったリベンジを達成。エゴンは2時間6分14秒で2位だった。

女子のレースは初マラソンとなったゴティトム・ゲブレシラシエ(エチオピア)が2時間20分09秒で制した。

■土方英和のマラソン全成績
20年3月 東京   2時間9分50秒(28位)
21年2月 びわ湖  2時間6分26秒(2位)
21年9月 ベルリン 2時間11分47秒(9位)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com