月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

400mH豊田将樹が復調V 再びの世界を目指し「変えないといけない部分が多すぎる」/全日本実業団


◇全日本実業団対抗(9月24~26日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目

全日本実業団対抗の3日目、男子400mハードルは豊田将樹(富士通)が49秒75で優勝した。

「自己ベストは更新できていたのですがタイトルを取れていなかったので狙っていました。勝ててよかったです」。前半は先輩の岸本鷹幸(富士通)がリードするも「追いつけるように」と目標にしながら走り、得意の後半で逆転した。ただ1人50秒台を切る49秒台をマークし、全日本実業団初優勝を飾った。

2019年ドーハ世界選手権で準決勝に進出している豊田。今季は5月に48秒87の自己新をマークして東京五輪の参加標準記録を突破。だが、日本選手権で5位となり代表枠をつかみ取ることができなかった。「このままじゃダメと考えて、イチから課題を紙に書き出して、それを修正する方法も書き出した」と言う。課題については「変えないといけない部分が多すぎる」。今回、タイトなスケジュール、風が舞うコンディションの中で「本数を重ねるのは苦手だったので、条件を考えればまずまず」と納得の表情を浮かべる。

今シーズンで、あこがれでもあり、相談相手だった矢澤航(デサントTC)、金井大旺(ミズノ)が現役を退く。「もう少しいてほしかった。もっと相談したかった」と寂しがるが、「法大OBとして、記録面でも練習の姿勢でも、大人になっていきたい」と話す。この冬は「自分で考えて、やるべきことを判断して取り組んでいきたい」と豊田。「来年の世界選手権に出られるように」。再びの世界を目指し、来年は心身ともに成長した姿が見られそうだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com