月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

順大2年ぶり男子総合V五輪戦士・泉谷&三浦が牽引 女子は日体大が4年ぶり制覇/日本IC

◇日本インカレ(9月17~19日/埼玉・熊谷スポーツ公園)

第90回日本学生陸上競技対校選手権大会(日本インカレ)の全日程が終了。男子総合優勝は86点を獲得した順大が2年ぶり29回目の頂点に立った。

順大は110mハードルで泉谷駿介が13秒29の大会新記録で優勝して五輪代表の貫禄を見せると、後輩の村竹ラシッドも3位に入って合計14点を獲得。泉谷は「4年生で最後のインカレなので疲れとは言っていられない」と、走幅跳でも3位、アンカーを務めた4×100mリレーでも3位とまさに大車輪の活躍を見せた。

さらに3000m障害でも五輪7位入賞の三浦龍司が圧巻の走りで優勝。8位にも1年生の服部壮馬が食い込んだ。短距離から長距離、フィールド、競歩までまんべんなく得点を重ねた順大。来年は78、79回大会以来となる連覇に挑む。

2日目終了時点まで1点差だった日大だったが最終日に伸び悩み55点の2位。昨年に続く優勝はならなかった。トラック優勝は順大、フィールド優勝は九州共立大が獲得した。

女子総合は93点を積み上げた日体大が4年ぶりにトップに返り咲いた。2位に立命大、3位には九州共立大。4連覇を狙った筑波大は6位に終わった。

日体大は主将の大玉華鈴が七種競技優勝、走高跳で3位と活躍し、「主将としてチームに貢献できた」と胸を張る。100m、200mは苦戦したものの、中長距離で37点を稼ぎ、棒高跳でも3位タイに前川淳、台信愛、5位に和田沙也夏と3人が入賞するなど、強みの種目で順調に加点していった。

総合2位の立命大は壹岐あいこが100mと200mで2位、800mで塩見綾乃が優勝と実力者が本領を発揮。その2人が出場した女子4×400mリレーでは初優勝を飾り、トラック優勝も獲得した。また、九州共立大は郡菜々佳が円盤投2位、砲丸投3位。やり投でも3、4位など投てき種目だけで48点を獲得してフィールド優勝も手にした。

今年で90回目となった日本インカレ。コロナ禍で昨年に続いて無観客、応援なしだったのは寂しいが、運営も含めて学生たちが主体・主役となって無事に3日間の日程が終了した。来年は京都・西京極で開催される予定だ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com