月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ウィーン・シティマラソンで1着の選手が厚底シューズの規定違反で失格

9月12日にオーストリア・ウィーンで開催されたウィーン・シティマラソンの男子マラソンで、1位でフィニッシュしたD.フリサ(エチオピア)がレースで着用したシューズの規定違反で失格となった。

靴底の厚さが規定外だったことが理由で、ロードランニングシューズの靴底はルール上、ソールの厚さが4cm以内だが、フリサは厚さ5cmのシューズを着用していた。フリサはこのシューズをトレーニング用で使用しており、規則の範囲内であると誤解して着用したと主張している。

出場者は事前にレースで着用するシューズを登録する必要があり、フリサは規定に則ったシューズ名を提出していたが、何らかの理由でレースは別のモデルに変更したものとみられる。

主要マラソンでこのような失格が発生したのは初という。フリサは2時間9分22秒でフィニッシュしたが失格となったため、3秒差の2番目でフィニッシュしたL.ランガット(ケニア)が2時間09分25秒で優勝となった。

ウィーン・シティマラソンは世界陸連のレーベル・ロード・レース(Label Road Race)で、今大会には126ヵ国から約26000人がエントリー。日本勢も出場しており、2時間10分37秒で5番目にフィニッシュした聞谷賢人(トヨタ紡織)は繰り上がって4位に、2時間17分20秒で8番目入線の小山裕太(トーエネック)は7位となった。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com