月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

亜大・拓大を率いた岡田正裕氏が小森コーポ総監督に就任!76歳名伯楽「より強いチーム作りに貢献」


小森コーポレーションは、9月6日付で陸上部総監督に岡田正裕氏が就任したと発表した。岡田氏は今年3月から同チームのアドバイザーを務めていた。

岡田氏は1945年生まれの76歳。熊本県出身。亜大を卒業し、実業団選手として活躍した後、1986年にニコニコドー女子陸上部監督に就任。松野明美を指導し、1988年ソウル五輪に送り出した。1999年に母校・亜大の監督に就任すると、2006年に箱根駅伝初優勝。2010年には拓大の監督に就任し、11年には箱根駅伝で同大最高順位の7位に入っている。2019年の箱根駅伝を最後に退任していた。

岡田氏は同社を通じ「今日までのわたくしの経験を生かし、より強いチーム作りに貢献していきたいと思いますので宜しくお願いいたします」と意気込みをコメントしている。小森コーポレーションは1950年創部。昨年の東日本実業団対抗駅伝で15位となり、今年の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)の出場を逃している。同チームには拓大時代の教え子である金森寛人、馬場祐輔も所属。76歳の名伯楽の指導熱は衰えるところを知らない。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com