月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

止まらないフレイザー・プライス10秒81でV!やり投フェッターが復調示す/コンチネンタルツアー


9月6日、シレジア(ポーランド)でコンチネンタルツアー・ゴールドが開催され、女子100mでシェリーアン・フレイザー・プライス(ジャマイカ)が10秒81(+0.4)で優勝した。この記録は、ポーランド国内で出された最高記録だった。

男子400mハードルは東京五輪銅メダルのA.ドス・サントス(ブラジル)が48秒50の大会新V。男子800mはW.キニャマル(ケニア)が1分44秒63、男子3000mはエチオピアの19歳、T.ウォルクが7分36秒47といずれも大会記録を更新して優勝している。女子1000mでは東京五輪800mで4位に入ったJ.リーキー(英国)が2分35秒47で勝ちこちらも大会新だった。

男子走高跳では、東京五輪での2人の金メダリストの一人、G.タンベリ(イタリア)が2m30で優勝。男子やり投はJ.フェッター(ドイツ)が89m60でV。フェッターは世界歴代2位の97m76自己記録を持っており、今年5月にはこの競技場でパフォーマンス世界歴代3位96m29を放っているが、東京五輪では振るわず9位だったが復調した。

地元・ポーランド勢も活躍し、女子やり投は東京五輪銀メダリストのA.アンドレイチクが61m77の大会新で優勝。男子ハンマー投は世界選手権4連覇、東京五輪銅メダルのP.ファイデクが79m60で勝ち、東京五輪金のW.ノヴィツキが77m45で2位に続いた。女子400mでは東京五輪男女混合4×400mリレー、女子4×400mリレーを走り、それぞれ金・銀メダルを獲得したN.カチマレクが50秒70の自己新で制している。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com