HOME 学生長距離

2021.06.24

【連載コラム】NGT48西村菜那子の陸上日記#40
【連載コラム】NGT48西村菜那子の陸上日記#40

連載40区
「出演舞台で明確になった私が駅伝好きの理由」


ダブルキャストで勝田葉菜子役を演じた千歳ゆうさんと

広告の下にコンテンツが続きます

みなさん、こんばんは!

出だしから私の仕事のことで恐縮ですが、舞台「風が強く吹いている」が先日無事に終演致しました。お越しくださったみなさま、本当にありがとうございました。私もこの座組み(出演者の構成)の一員として、千秋楽まで駆け抜けられたことがとても嬉しく思います。充実した日々を送ることができました。

この作品は箱根駅伝が題材となっていて、駅伝では無名の大学が長距離未経験の部員を10人集め、箱根駅伝を目指してたった1年で出場を果たす物語です。私は陸上部のマネージャーである勝田葉菜子役を演じました。葉菜子は、陸上競技そのものの魅力に惹かれている女の子。私と似ている部分も多くあったため、リラックスして楽しくお芝居をすることができました。陸上関係にお勤めの方も、たくさん会場にお越しくださったみたいで、Twitterなどで投稿された観劇レポートを拝見した時はとても励みになりました。

この舞台には、走法指導として、SGホールディングスグループのコーチである西川雄一朗さんや鈴木塁人選手が参加されています。特に西川さんは稽古場にもたびたび足を運んでくださり、走り方や襷(たすき)の掛け方(実際に東海大学で使用されていた襷をお借りしました)から、正しいアイシング方法に至るまで、丁寧なご指導をしていただきました。

広告の下にコンテンツが続きます

おかげで本番では、箱根駅伝のリアルな一面を舞台上から観客の皆さまにお伝えできたと思います。西川コーチ、鈴木選手に心から感謝申し上げます。約1ヵ月間、本当にありがとうございました。

駅伝が好きなアイドルお仕事をいただくことがあるのですが、その際に必ず聞かれることがあるのです。「なぜ、駅伝が好きなんですか?」と。

確かに私は駅伝が大好きですが、理由を問われると、思うように言葉で表現できず、伝えられないことがほとんど。「両親の影響でいつのまにか好きになりました」「一生懸命走る姿に惹かれました」といった感じで、 ざっくりとしか答えられず(もちろん全て本当のことです!)、モヤモヤしていた自分がいました。しかし、この舞台を通して、私が駅伝に惹かれる理由が明確になりました。

台本にこんなセリフがありました。「10区間すべての選手が走り終えない限り、決して完成することがない戦いが箱根駅伝だ。僕の偏頭痛でみんなの夢を終わらせるわけにはいかない」。これは、5区を担当した神童というキャラクターがレース中、偏頭痛に見舞われた時に言ったセリフです。駅伝はチーム戦ではありながら、走っている時は個人戦である不思議なスポーツ。他の選手を追い抜く時にふと現れる気負いや、反対に追い抜かれる時の恐怖、突然のアクシデントへの対応や葛藤などさまざまな感情を1人で抱えなければいけません。

広告の下にコンテンツが続きます

さらに、誰か1人でも途中でレースを止めてしまうと、チームは途中棄権となり、順位はつきません。たった1本の襷を全員でつなぐために、選手たちが任せられた区間をたった一人で戦っていく。一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために競うことが駅伝の真骨頂だと思ったのです。キャストのみなさんは、実際の陸上選手ではありませんが、舞台上で確かに一本の襷をつないでいました。

東海大学の本物の襷(左)と寛政大学の襷

この作品は箱根駅伝を表現するためステージ上で走るシーンが多く組み込まれています。さらに1日2公演ということもあり、日に日にテーピングを脚に巻いている出演者が増えていきます。その姿を間近で見ていて心苦しくなりましたが、キャストのみなさんは一度も弱音を吐かず、舞台上でしっかりと箱根駅伝を体現していました。それこそ、「風が強く吹いている」という襷を千秋楽までつなぐため、皆さんが血眼になって走っていました。その姿を舞台上の最も近くで見ることができ、仲間を信じてただひたすら走り続ける姿こそが駅伝の魅力の一つであり、私が最も惹かれるところだと気付けたのです。

今後、「なぜ、駅伝が好きなんですか?」と質問された時は、「誰一人として欠けてはならない一体感を、直に感じることができるスポーツだからです」と自信を持って答えることができると思います。

走るということは実に単純なスポーツです。しかし、その単純な動作の中にそれぞれ秘めた想いが込められています。粘り強く走り続け、1本の襷をみんなで繋いでいく姿は多くの方の心を動かしていきます。改めて、この作品の舞台に出演することができてとても幸せでした。本来なら昨年上演するはずだったこの舞台。コロナウイルスの影響で延期となりましたが、1年後、無事に上演できたことに感謝しています。この舞台を通し、駅伝の魅力を確信できた満足感でいっぱいです。これからも駅伝というスポーツの楽しさをさまざまな形で発信していけたらと思います!

広告の下にコンテンツが続きます

※Twitterのハッシュタグ「」で感想や質問、コラムの内容など随時募集中!

前回の記事はこちら

※しばらくの間は月1回、最終週木曜日更新となります。

©️Flora
NGT48 西村菜那子(にしむら・ななこ)
1997年8月11日生/O型/長野県出身
特技:クラシックバレエ、歴代の箱根駅伝の優勝校を暗記
趣味:陸上観戦、サッカー観戦
2015年にNGT48第1期生オーディションに合格。両親の影響で幼い頃から駅伝を好きになる。アイドルとしての活動を続ける中で、自身のSNSを通して陸上競技に関する情報を発信。駅伝関連のメディア出演も多数。

西村菜那子モバイルサイト
●Information
NGT48 6thシングル『Awesome』6月23日発売決定!©︎Flora
西村菜那子も選抜入り!

最新情報はNGT48公式HPまで
『NGT48ゲーム部』(Mildom)レギュラー出演中!/舞台『風が強く吹いている』6月16日~20日./六行会ホール公式HPまで

 

広告の下にコンテンツが続きます

連載40区 「出演舞台で明確になった私が駅伝好きの理由」

ダブルキャストで勝田葉菜子役を演じた千歳ゆうさんと みなさん、こんばんは! 出だしから私の仕事のことで恐縮ですが、舞台「風が強く吹いている」が先日無事に終演致しました。お越しくださったみなさま、本当にありがとうございました。私もこの座組み(出演者の構成)の一員として、千秋楽まで駆け抜けられたことがとても嬉しく思います。充実した日々を送ることができました。 この作品は箱根駅伝が題材となっていて、駅伝では無名の大学が長距離未経験の部員を10人集め、箱根駅伝を目指してたった1年で出場を果たす物語です。私は陸上部のマネージャーである勝田葉菜子役を演じました。葉菜子は、陸上競技そのものの魅力に惹かれている女の子。私と似ている部分も多くあったため、リラックスして楽しくお芝居をすることができました。陸上関係にお勤めの方も、たくさん会場にお越しくださったみたいで、Twitterなどで投稿された観劇レポートを拝見した時はとても励みになりました。 この舞台には、走法指導として、SGホールディングスグループのコーチである西川雄一朗さんや鈴木塁人選手が参加されています。特に西川さんは稽古場にもたびたび足を運んでくださり、走り方や襷(たすき)の掛け方(実際に東海大学で使用されていた襷をお借りしました)から、正しいアイシング方法に至るまで、丁寧なご指導をしていただきました。 おかげで本番では、箱根駅伝のリアルな一面を舞台上から観客の皆さまにお伝えできたと思います。西川コーチ、鈴木選手に心から感謝申し上げます。約1ヵ月間、本当にありがとうございました。 駅伝が好きなアイドルお仕事をいただくことがあるのですが、その際に必ず聞かれることがあるのです。「なぜ、駅伝が好きなんですか?」と。 確かに私は駅伝が大好きですが、理由を問われると、思うように言葉で表現できず、伝えられないことがほとんど。「両親の影響でいつのまにか好きになりました」「一生懸命走る姿に惹かれました」といった感じで、 ざっくりとしか答えられず(もちろん全て本当のことです!)、モヤモヤしていた自分がいました。しかし、この舞台を通して、私が駅伝に惹かれる理由が明確になりました。 台本にこんなセリフがありました。「10区間すべての選手が走り終えない限り、決して完成することがない戦いが箱根駅伝だ。僕の偏頭痛でみんなの夢を終わらせるわけにはいかない」。これは、5区を担当した神童というキャラクターがレース中、偏頭痛に見舞われた時に言ったセリフです。駅伝はチーム戦ではありながら、走っている時は個人戦である不思議なスポーツ。他の選手を追い抜く時にふと現れる気負いや、反対に追い抜かれる時の恐怖、突然のアクシデントへの対応や葛藤などさまざまな感情を1人で抱えなければいけません。 さらに、誰か1人でも途中でレースを止めてしまうと、チームは途中棄権となり、順位はつきません。たった1本の襷を全員でつなぐために、選手たちが任せられた区間をたった一人で戦っていく。一人はみんなのために、みんなは一つの目的のために競うことが駅伝の真骨頂だと思ったのです。キャストのみなさんは、実際の陸上選手ではありませんが、舞台上で確かに一本の襷をつないでいました。 東海大学の本物の襷(左)と寛政大学の襷 この作品は箱根駅伝を表現するためステージ上で走るシーンが多く組み込まれています。さらに1日2公演ということもあり、日に日にテーピングを脚に巻いている出演者が増えていきます。その姿を間近で見ていて心苦しくなりましたが、キャストのみなさんは一度も弱音を吐かず、舞台上でしっかりと箱根駅伝を体現していました。それこそ、「風が強く吹いている」という襷を千秋楽までつなぐため、皆さんが血眼になって走っていました。その姿を舞台上の最も近くで見ることができ、仲間を信じてただひたすら走り続ける姿こそが駅伝の魅力の一つであり、私が最も惹かれるところだと気付けたのです。 今後、「なぜ、駅伝が好きなんですか?」と質問された時は、「誰一人として欠けてはならない一体感を、直に感じることができるスポーツだからです」と自信を持って答えることができると思います。 走るということは実に単純なスポーツです。しかし、その単純な動作の中にそれぞれ秘めた想いが込められています。粘り強く走り続け、1本の襷をみんなで繋いでいく姿は多くの方の心を動かしていきます。改めて、この作品の舞台に出演することができてとても幸せでした。本来なら昨年上演するはずだったこの舞台。コロナウイルスの影響で延期となりましたが、1年後、無事に上演できたことに感謝しています。この舞台を通し、駅伝の魅力を確信できた満足感でいっぱいです。これからも駅伝というスポーツの楽しさをさまざまな形で発信していけたらと思います! ※Twitterのハッシュタグ「」で感想や質問、コラムの内容など随時募集中! 前回の記事はこちら ※しばらくの間は月1回、最終週木曜日更新となります。
©️Flora NGT48 西村菜那子(にしむら・ななこ) 1997年8月11日生/O型/長野県出身 特技:クラシックバレエ、歴代の箱根駅伝の優勝校を暗記 趣味:陸上観戦、サッカー観戦 2015年にNGT48第1期生オーディションに合格。両親の影響で幼い頃から駅伝を好きになる。アイドルとしての活動を続ける中で、自身のSNSを通して陸上競技に関する情報を発信。駅伝関連のメディア出演も多数。 西村菜那子モバイルサイト ●Information NGT48 6thシングル『Awesome』6月23日発売決定!©︎Flora 西村菜那子も選抜入り! 最新情報はNGT48公式HPまで 『NGT48ゲーム部』(Mildom)レギュラー出演中!/舞台『風が強く吹いている』6月16日~20日./六行会ホール公式HPまで
 

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

川嶋伸次氏が4月から創価大総監督に就任!東洋大強豪への礎築き、旭化成でも手腕 榎木監督と“師弟タッグ”

創価大駅伝部は4月1日付で川嶋伸次氏が総監督に就任すると発表した。 川嶋氏は埼玉県出身の57歳。日体大時代に箱根駅伝6区区間賞など活躍したのち、1989年に旭化成入社。2000年3月のびわ湖毎日マラソンで2時間9分04秒 […]

NEWS 箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top